トップページシンポジウム「メンタルヘルス・シンポジウム2012 名古屋」開催のお知らせ
Good Doctor NET AGING Web 宇治おうばく病院 うつ病~こころとからだ 話してみよう うつの痛み うつ病・認知症コンソーシアム 冊子バナー 特別協賛:シオノギ製薬 ココ朗くん

「メンタルヘルス・シンポジウム2012 名古屋」開催のお知らせ

~女性のうつと社会復帰を考える~

2012.05.15   21世紀医療フォーラム「うつ病リワーク推進協議会」

2012年7月22日(日)、ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋にて、21世紀医療フォーラム、うつ病リワーク推進協議会による主催で、「メンタルヘルス・シンポジウム 2012 名古屋~女性のうつと社会復帰を考える」を開催します。

なぜ、女性のうつ病は増えているのか

近年、「現代型うつ病」や「非定型うつ病」など、若い世代を中心に抗うつ薬の効きにくい“難治性うつ病”が問題になっています。これに加え、女性のうつ病患者の増加も深刻な状況です。WHOによれば、女性のうつ病発症率は男性の約2倍であることがわかっています。

その原因として、「仕事」「結婚」「出産」「子育て」など、女性は多様な生き方ができる反面、その時々に大きな選択を迫られ、心身共にストレスを受けることが考えられます。また、女性特有のホルモンバランスの変動も、その一因とされています。

「メンタルヘルス・シンポジウム 2012 名古屋~女性のうつと社会復帰を考える」では、このテーマのもと、女性の生活環境における変化とうつ病との関係、社会復帰のあり方などについて、専門医と共に考えていきます。

お申し込みの受付は終了いたしました。

開催概要
日 時 2012年7月22日(日)13:00~17:00 (開場12:00)
会 場 ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋
〒460-0023 名古屋市中区金山町1-1-1
電話:052-683-4111(代表)
入場料 入場無料 (事前にお申し込みが必要)
主 催 21世紀医療フォーラム「うつ病リワーク推進協議会」(日経BP社)
共 催 一般社団法人 うつ病の予防・治療日本委員会(JCPTD)
後 援 厚生労働省(予定)
特別協賛 塩野義製薬株式会社
プログラム
基調講演
基調講演1「うつ病治療の現状と問題点」
国立精神・神経医療研究センター理事長・総長 樋口 輝彦 氏
基調講演2 「女性とうつ―ライフ・ステージの視点から」
東京慈恵会医科大学精神医学講座教授 中山 和彦 氏
メンタルヘルスの課題「女性のうつを考える」
講演1「出産に伴ううつ病」
名古屋大学大学院医学系研究科
精神医学・親と子どもの心療学分野教授 尾崎 紀夫 氏
講演2「不妊症と不育症~女性たちのうつと不安」
椙山女学園大学人間関係学部心理学科准教授 中野 有美 氏
講演3「児童精神科医の立場から
         ―産後・子育て期のメンタルヘルス」

心療内科・内科 リエゾンメディカル丸の内院長 村瀬 聡美 氏
休憩
パネルディスカッション 「女性のうつと社会復帰」
座長:名古屋大学大学院医学系研究科精神医学・親と子どもの心療学分野教授 尾崎 紀夫 氏
パネラー:樋口 輝彦 氏、中山 和彦 氏、中野 有美 氏、村瀬 聡美 氏
総合司会:南 美希子 氏(フリーアナウンサー:元テレビ朝日アナウンサー)

詳細ページはこちら