トップページコラムストレスマネジメントのすすめやさしい心理学から学ぶストレスマネジメント実践法|不安に陥った時の対処法
Good Doctor NET AGING Web 宇治おうばく病院 うつ病~こころとからだ 話してみよう うつの痛み うつ病・認知症コンソーシアム 冊子バナー 特別協賛:シオノギ製薬 ココ朗くん

やさしい心理学から学ぶストレスマネジメント実践法|不安に陥った時の対処法

2011.04.26   2011.04.26 医学博士・心理カウンセラー/株式会社 エム・エイチ・アイ代表 水木さとみ

仕事をしていく中で生じる不安、誰もが経験することではないでしょうか。計画通りに物事が運ばなくなってしまったり、突然、ハプニングが生じ、先が見えなくなってしまったり・・・。心身共に疲れ果て頭に浮かぶ様々な思いは、嫌な予感となってはたらきかけたり、心の中の葛藤は物事への確信や決定を妨げてしまったりなど、あらゆる状況の中で容赦なく不安は襲いかかります。
今回は、こうした仕事を通して日常的に降りかかる不安への対処法に触れていきたいと思います。

本ストレスマネジメントの対象
ここでの対処法は、あくまでもストレスをマネジメントしていくことを目的にします。
何らかの出来事を通して、疲れてしまった時、少し気分が低下してしまった時、いつもの元気を回復したい時に有効です。
もしも、うつ状態の症状が強く、専門医の治療が必要な段階と判断された場合は、本章の対処法への取り組みは控えられた方がよろしいと思います。
理由は、そうした状態で物事を考えても良い方向へは向かいません。
まずは、専門医の治療を受け、気分が回復した時に、あらためてお勧めします。

 

実例に見るカウンセリング

それでは、流れをわかりやすくお伝えさせて頂くために、カウンセリング事例を交えてお話していくことにしましょう。ご活用する際には、本文の流れに沿ってセルフカウンセリングをなさって下さい。

<カウンセリング事例>
Aさん:35歳・男性 / 既婚 / 子供2人

*主症状・心理検査結果は省略します

Aさんは大学卒業後、入社してからずっと営業マンとして働いており、実績もありました。意欲とやりがいをもって取り組んでいたのですが、ご自身の理由からその会社を退職することになりました。

営業マンとしても経験豊富なAさんは、その後、スムーズに次の職場が決まりました。家族を抱えていたこともあり、経済的側面を無視することもできない状況にありましたが、採用にあたっての条件は満足のいくものでした。

Aさんは今まで以上に仕事に専念しようと決め、新しい職場に期待をもって入りました。しかし、職場の雰囲気は今までに経験したことのない嫌悪感がありました。特に対人関係にはギクシャクした空気が漂っており、社内はピリピリとした雰囲気を感じます。