トップページコラムメンタルヘルスケアの現場からうつ病回復の記録(2)うつ病の治療が始まった
Good Doctor NET AGING Web 宇治おうばく病院 うつ病~こころとからだ 話してみよう うつの痛み うつ病・認知症コンソーシアム 冊子バナー 特別協賛:シオノギ製薬 ココ朗くん

うつ病回復の記録(2)うつ病の治療が始まった

2011.05.10   2011.05.10 埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科教授 大西秀樹

上司の大塚課長のところに新井さんの診断書が届きました。診断書には「診断:うつ病。本日より3カ月間の自宅安静を必要とする」とあります。

うつ病とは何かを正しく理解する

「うつ病?昨日までふつうに働いていたのに?彼がうつ病なんて信じられないよ。係長になったことだし、引き続き業績を上げてもらおうと発破をかけていたところだったんだよ。最近、ちょっと元気がない感じで、彼にしては珍しくミスが続いたから疲れているのかなくらいに思っていたんだけど・・・。内科の検査でも異常なしだったんだろ?なのに3カ月も休まないといけないのか?彼の担当しているプロジェクトはどうなるんだ。ただでさえ人が足りないのに・・・」

大塚課長のぼやきを聞いた竹村さんは、大塚課長に対し今までの経緯を話すことにしました。

「実は、新井さんに精神科の受診を勧めたのは私です。彼から相談を受けて話を聞いていたら、以前に研修会で勉強したうつ病の症状に似ていたので・・・。精神科の受診を勧めたら、そこは心の弱い人が行くところだとかなり嫌がっていました。でも自分の友人が精神科を受診して良くなった話をしたらようやく分かってくれたみたいです。研修会の資料がこれなんですが」【資料(表)】」