石田淳
株式会社ウィルPMインターナショナル 代表取締役社長兼最高経営責任者

 一時代前まで、「人は見た目でなく中味だ」という風潮が強くありました。そのため、外見を整えることを疎かにしているビジネスパーソンも多くいました。しかし今は、見た目はその人の能力を表す一つの指針と理解されるようになっています。

 あなたはリーダーにふさわしい見た目をしているでしょうか。

 部下の身なりもチェックしなければならない立場にある課長なら、まさか、ワイシャツの袖口が汚れていたり、肩にふけが落ちていたりということはないでしょう。では、服に包まれた肉体はどうでしょう。最近、ぽっこりお腹が出始めたなどということはありませんか?

あなたは「ビジネスアスリート」ですか?

 今、雑誌などで「ビジネスアスリート」という言葉が盛んに使われています。それを「自分には無縁のことだ」と思ってはなりません。プレイングマネジャーというハードな仕事をこなす課長には、まさにアスリートのような強靱な心身が必要なのです。

 あなたの仕事は、実はプロスポーツと同様、一試合だけ良い成績を収めればいいのではなく、継続して結果を出すことが求められています。ときに失策で窮地に追い詰められることがあっても、そこから抜け出し戦いを有利に進めていかなければなりません。そのためには、精神力だけでなくフィジカルなパワーも必須です。

 ところが、日本のビジネス界において、ちょっと心配な数字が出ています。とくに男性に顕著なのですが、肥満が急増しているのです。

 1987年から2007年にかけて厚生労働省が行った調査によれば、女性はほとんどの世代で肥満が減り、やせ形が増えています。それだけ見た目を気にしているということでしょう。ところが、男性はまったく逆で、すべての世代で肥満が増えているのです。1987年と2007年を比較してみると、30代では21.6%だった肥満が28.6%に、40代では23.7%から33.0%に増えています。まさに、課長世代は3人に1人が肥満だということです。