大島:今や、明日から隣の席に英語を介してしかコミュニケーションができない同僚が来たり、海外で働くことになったりすることが驚くべきことではなくなってきています。そうした環境に入ったときに、成功していくためのヒントがあれば教えてください。

異なる文化背景を持つ人たちと働いていくために

バイサウス氏:もし、自分の会社に外国人が入ってきたとしたら、まずは自信を持って接するということが大事だと思います。高慢になるのとは違います。ビジネス経験、そして自分自身に自信を持っていれば、たとえwhyと質問されてその場で答えられないことがあっても、逃げることなく対応ができるはずです。

 次に、新しい事や違いに対する柔軟な態度・気持ちだと思います。まずは自分たちの今までの考え方ややり方に対する固執を一旦手放してみる。たとえ受け入れるのに時間がかかるような違いであっても、すぐに心を閉ざしてしまうのではなく、自分なりの受け入れ方ができるような柔軟性です。そして、わからないことをわからないままにしない積極的な態度も重要です。日本人はとかく、完全に理解できていなくても、「はい、わかりました」と言ってしまいがちです。それでは違いを乗り越えてはいけません。

 また、海外で働くことがあるとしたら、できる限り現地の人と付き合うことが大切になると思います。せっかく日本から離れたのに、支社内の日本人の同僚や現地の日本人たちとだけ付き合っていては、日本では得られないような人脈や情報をみすみすの見逃してしまいます。ただ日本では、自分のグループに新しい人が入ってきたときに、彼らが早く溶け込めるように一生懸命サポートしてくれようとします。一方、我々西欧人はそこまではしません。もちろん、挨拶をしますし、積極的に排他的な態度を取るわけではありませんが、行動を起こすことが期待されているのは新参者の方です。自分から声を上げて、自分の意志や意見を伝えていく必要があります。

 国際化、グローバル化というのは語学の問題ではありません。国際化、グローバル化は、今まで慣れ親しんできたやり方に固執せず、違いや変化を受け入れていく意識の問題です。何かが絶対的にいいとか悪いとかの問題ではありません。柔軟性、積極性を発揮して、対応していってください。ただ、語学の問題ではないとは言っても、もし十分なビジネス経験があり、そのうえで語学力があれば、多くのドアを開けることができますし、その先に大きな可能性が拡がっているのも事実です。このあたりのバランスを理解して、多くの日本人にグローバルの舞台で活躍してほしいと思います。

大島:本日はどうもありがとうございました。

【Rosic 特別セミナー】

「タレントマネジメント」だけにとどまらない 経営者が求める人事システムとは?
  ~ あなたの会社の人事システムは「旧来型マスタ管理」に留まっていませんか?
日時:2月21日(木)15:30-17:30、3月14日(木)15:30-17:30
場所:東京 (無料/要・事前申込)
講師: 大島由起子 (インフォテクノスコンサルティング株式会社)

人材データに対する経営層の関心が高まり、人事をめぐる環境が大きく変化するなか、人事システムに求められる要素は大幅に様変わりしています。また、海外から「タレントマネジメントシステム」が複数進出してきており、人事システム市場はにわかに注目を集め始めました。

では今、経営層や環境の変化からの要請に応えるために必要なのは、どのようなシステムなのでしょうか?

人事が経営に貢献するための、「間違いのないシステム選びのポイント」を、実際のシステム紹介と併せてお話します。

セミナーの詳細、お申し込みについては、以下をご覧ください
http://www.rosic.jp/event/2013/01/post-9.html

大島 由起子(おおしま・ゆきこ) インフォテクノスコンサルティング株式会社 セールス・マーケティング事業本部長
大島 由起子

 早稲田大学大学院修了・モナッシュ大学大学院修了。大学卒業後、株式会社リクルートに入社。人事部採用担当、経営企画室、「就職ジャーナル」編集部を経て、フリーランスの編集者及びライターとして独立。その後渡豪、モナッシュ大学大学院終了後、Hewlett-Packard Australia LtdのAsia Pacific Contract Centreにて、アジア地域の契約業務に携わる。HPとコンパックの合併時には、日本における契約システム統合のリーダーを務めた。2004年よりインフォテクノスコンサルティング株式会社に参加。自社開発のRosic人事情報システムをベースにした提案・導入を担当する。また、人事でのIT活用の推進をテーマとした活動にも積極的に関わる。その一貫として、2009年7月から「人材・組織システム研究室」を立ち上げ、従来の「人事情報システム・パッケージの提供」に留まらない人事へのIT活用の形を探っている。
米国CCE,Inc.GCDFキャリアカウンセラー、組織人事監査協会認定パーソネルアナリスト

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。