リップシャッツ 信元 夏代
アスパイア・インテリジェンス社 代表取締役

 ビジネスは、毎日が問題解決の連続です。大なり小なり、ありとあらゆる所から降りかかってくる問題に対し、ビジネスパーソンは瞬時に判断を下し、前進していかなければなりません。しかし、経営について勉強したり、業務経験を積んだだけでは、「知識」や「勘」は身についても、「真の思考力」はなかなか身につかないものです。「真の思考力」とは「知識」や「勘」を上手に活用しながら、本質的な問題を探り当て、それを解決していくための「スキル」であるからです。

 本コラムでは、戦略コンサルタントが日々活用しているロジカル・シンキング手法を基礎から紹介します。ロジカル・シンキング力を鍛えるための頭の体操や、アメリカを中心に起こっている出来事をケースとして取り上げながら、読者のロジカル・シンキング力を刺激していきます。

フレームワークの活用で効率的な分析を

 前回のコラムの最後で触れましたが、情報の収集、整理、分析・検証を行う際、いくつかの適切なフレームワークを活用すると、ロジカルかつ効率よく仮説検証を進めることができます。今回は、仮説検証のプロセスにおいて役に立つ、コンサルタントの武器ともいえるさまざまなフレームワークをご紹介します。

 有名なフレームワークはビジネスパーソンにとって「共通言語」の役割を担ってくれ、組織内の意思決定やコミュニケーションを円滑、かつ迅速にしてくれるものです。フレームワークを上手に使うと、仮説検証、分析、プレゼンテーションなどをより高いレベルで効率的に行うことができます。ただし、フレームワークにはそれぞれに目的や特性がありますから、万能薬ではなく、目的にあったフレームワークを使うことが重要である、ということをここで強調したいと思います。

 また、フレームワークで分析する際には、字面(じづら)だけで考えるのではなく、頭の中に具体的なイメージを浮かべるとよいでしょう。ビジネスは論理で人を納得させることが必要であると同時に、結局は心理的に人を説得し、動かしてこそ価値がありますから、「ロジック&イマジネーション」を大事にすることです。そして、フレームワークを作った、埋めたことで満足しないように心がけましょう。ロジカルシンキングの大きな目的は、説得力のある結論をスピーディーに出すことであり、フレームワークは単にその助けである、ということを忘れてはなりません。

 従って、「なんのためにこのフレームワークを作っているのか」「ここから何を伝えたいのか」ということを、頭の片隅で常に意識しながら活用していくようにしましょう。