リップシャッツ 信元 夏代
アスパイア・インテリジェンス社 代表取締役

 ビジネスは、毎日が問題解決の連続です。大なり小なり、ありとあらゆる所から降りかかってくる問題に対し、ビジネスパーソンは瞬時に判断を下し、前進していかなければなりません。しかし、経営について勉強したり、業務経験を積んだだけでは、「知識」や「勘」は身についても、「真の思考力」はなかなか身につかないものです。「真の思考力」とは「知識」や「勘」を上手に活用しながら、本質的な問題を探り当て、それを解決していくための「スキル」であるからです。

 本コラムでは、戦略コンサルタントが日々活用しているロジカル・シンキング手法を基礎から紹介します。ロジカル・シンキング力を鍛えるための頭の体操や、アメリカを中心に起こっている出来事をケースとして取り上げながら、読者のロジカル・シンキング力を刺激していきます。

精度の高い仮説が早く正しい結論に導く

仮説思考とは
 よく、分析が上手だと言われる人がいます。実は、分析が上手な人は仮説を作るのが上手だと言われています。またビジネスが上手な人も、実は精度のよい仮説を持っている人だと言われています。

 仮説思考とは、何かに取り組む際に、その時点で考えられる仮の結論、つまり仮説を置いて考える思考方法のことです。網羅的に考えるよりも仮説を置いて考える方が、分析・調査の無駄が少なくなります。つまり、精度のよい仮説思考を身につけることは、仕事のスピードアップにつながるのです。

 これまで、MECE(ミーシー)やロジックツリー、「So What?」「Why So?」などをお話してきました。そして、ロジカルシンキングのための最後の重要要素が、仮説検証です。仮説検証とは、ロジカルシンキングをより効率化させるための考えるプロセスのことです。

仮説を立てる
 何か調査をする際、一般的には、課題に対して何の方針もなく、漠然と情報収集やリサーチをしがちです。その結果、莫大な情報に埋もれてしまい、肝心な情報の分析がぼやけてしまい、よい結論を導き出すことができないことが多いものです。仮説がないと、調査の方向性が定まりません。意思決定をするために必要十分な情報を集めるためには、調査を方向付ける軸が必要なのです。この軸こそが「仮説」です。

 仮説思考で行う調査は、まずは手持ちの限られた情報の中から、目標の達成・問題解決になりそうな仮の結論、つまり仮説を最初に立ててしまいます。この時点では仮説は必ずしも正しい結論である必要はありませんが、より精度の高い仮説を立てるためには、日常において、バランスよくアンテナを張り巡らして情報を集めておくと、そこで得られたファクトをベースに、精度の高い仮説が立てられる可能性が増します。仮説を作る前に、まず自分が何を知りたいのか、どういうことをしたいのか?を改めて繰り返し考え、その目的に沿った仮説を構築するのです。仮説の精度が高いと、それだけ早く正しい結論にたどり着く可能性も高まります。