入江倫成
株式会社エイチ・アール・ディー研究所 取締役

 この連載は2011年10月28日に実施した「人材開発のプロ養成講座」の内容を「登壇者への振り返りインタビュー」という形式でお伝えいたします。当日ご参加された方は「プレゼン内容の振り返り」に、業務都合で出席が難しかった方へは「当日のプレゼン内容の概要把握」を目的としてお読み頂ければと思います。

 第4回目の今回は、「内製研修を成功させるのは…」をテーマにプレゼンをして頂きました、株式会社スリーボンドの人材開発部長である大石正人様にお話をお伺いいたします。

内製研修が成功する要因は各社各様

入江:プレゼンテーションのタイトルは「内製研修を成功させるには…」でした。このタイトルの特に「…」の部分にはどんな意図を込めていたのですか?

大石:内製研修を成功させるための解は決して一つではないということですね。プレゼンテーションのタイトルとしては「内製研修を成功させる3つのポイント」とか「この5つだけ押さえていれば内製研修は上手くいく」などと示したほうが分かりやすいのかもしれません。しかし、弊社で実践していることが、他社でも成功要因として当てはまるのかどうかは分かりませんよね。内製研修の解はその会社の状況に合わせて複数存在すると思っています。

入江:そこで言うスリーボンド社の「状況」で特徴的なものの例があれば教えて頂きたいのですが。

大石:もともと弊社では研修は内部(=人材開発部)のメンバーが開発し実施してきており、それが当然という状況でした。昔から、研修は自社の企業文化を伝える場であると認識されていたのだと思います。現在でも、語学研修以外の研修はすべて内製です。そういう意味では、昨今の流れである「研修投資額の削減を目的に外製研修を内製研修にシフト」してきたわけではない、という点は比較的特徴的かも知れません。当日は、そのような状況下における弊社での内製研修成功要因をお伝えさせて頂きました。

入江:では当日のプレゼンを振り返りながら、その辺りの事をお聞きしていきたいと思います。

株式会社スリーボンド
大石正人(おおいし・まさと)
人材開発部 部長
東京学芸大学教育学部卒業後、株式会社スリーボンドに入社し、研究所研究統括部(硬式野球部)及び福岡支店勤務を経て1991年より12年余りの米国にて営業に従事し、2004年に帰任。帰任後は営業本部において企画業務を担当し、2009年より人事部人材開発課に異動し、グループの人材開発を担当、2011年より現職に至る。現在は新卒採用ならびに内製研修の充実によるグローバルな人材育成に取り組んでいる。