細川馨
ビジネスコーチ(株) 代表取締役

 前回は、部下の『強み』を知り、伸ばすことに焦点を当てました。また、問題などをひとりで抱え込ませないための『困ったちゃん会議』についても解説しました。今回は、部下との相互理解を深めるうえで重要となる、部下の『価値観』を知ることについてお話ししたいと思います。

部下の価値観を知る

 部下の価値観を知ることは、信頼関係を築くうえでとても大切です。『価値観』については、以前のコラムでもお話しましたが、「若手」の育成には特に重要な部分となりますので、改めてご紹介いたします。

 私は部下の価値観を知るために、次の表を使うことをオススメしています。

 この表の使い方は以下の通りです。

  • Step1:表に記載された12個の価値観の定義を部下に簡単に説明する
  • Step2:仕事で得たい「個人の価値観」として、重要だと思う順位を1位から12位まで表に書き込んでもらう。その際、部下だけでなく上司自らも行うところがポイントです。この12個以外に大切だと思う価値観があれば、13~15の空欄に記入し、その項目にも順位を書き込む
  • Step3:記入し終えたら、その表を互いに見せ合いながら部下と上司で話し合う

 まず、上司自らが「どのような順位付けをしたのか」、そして各項目について「なぜ、その順位をつけたのか」を手短に発表します。その後、部下も同じく自分の価値観についてどのような順位をつけたか、そしてその理由を発表します。それから、2人で自由に話し合うのです。