細川馨
ビジネスコーチ(株) 代表取締役

 前回は、リーダーが組織で生き残る技術を身につける前提として、現在の職場が抱える問題についてお話ししました。そこで明らかになったのは、世代間で仕事に対する姿勢が異なること、そして、心の病を抱える人が増えているということでした。今回はそのような職場の状況を踏まえて、生き残る技術を持たないリーダーが、職場に与える悪い影響に焦点を当てて解説したいと思います。

生き残れないリーダーの特徴とは

 生き残る技術のないリーダーとは、どのようなリーダーなのでしょうか。私は次の7つをその特徴としてとらえています。

  1. ビジョンを持っていない
  2. 自分の言動が他人にどんな影響を与えるかを自覚していない
  3. 事実を見ることができない
  4. 観察する力がない
  5. 自己概念が低い
  6. 人を決めつける
  7. 存在の承認をしない

 1. ビジョンを持っていないリーダーが生む弊害

 ビジョンとは夢であり、組織が目指す姿です。ビジョンがあるからこそ、人はその実現に向けて、困難に立ち向かったり、時として限界以上に頑張ることができます。また、目先の目標を達成したいという意欲を持つことができるのです。

 しかし、ビジョンがない組織は、ただひたすら、目先の目標をクリアすることで精一杯になってしまいます。何のためにこの仕事をしているのか、その目的や意義を見失い、ただ、提示された数値目標を達成するためだけに機械的に仕事をするようになります。やってもやっても仕事は減らず、社員はどんどん疲弊していきます。当然、「うちの組織はこの先どうなるんだろう?」と不安を覚える社員も出てくるでしょう。

 リーダーは、まず何よりもビジョンを明確にし、それをメンバーに伝え、きちんとしたゴールを示さなくてはなりません。そして、ゴールが達成できたのであれば、しっかりと評価することが大切なのです。

 2. 自分の言動が他人にどんな影響を与えるかを自覚していないリーダーが生む弊害

 リーダーが何気なく発した言葉によって、メンバーが振り回されるということはよくあることです。例えば、「他社で○○が売れているから、うちでもやってみる価値があるんじゃないか?」とリーダーが言ったとします。メンバーはすぐに他社製品を調べて報告書を作り、リーダーに提出しました。しかし、リーダーは指示をしたつもりはなく、思いつきを述べたに過ぎなかったのです。結局、メンバーが作った報告書は無駄になってしまいました。こんなことを繰り返していると、メンバーはやる気を失ってしまいます。このように、思いつきの一言であったとしても、リーダーの発した言葉が、メンバーには命令に聞こえることが少なくないのです。

 また、リーダーが発した言葉が、メンバーを傷つけ、前回お話ししたような心の病のきっかけとなるケースもよくあります。

 リーダーは自分の立場をきちんと理解し、自らの言動が他人にどんな影響を与えるのかをいつも意識していることが必要なのです。