植田寿乃
キャリアコンサルタント/ダイバーシティコンサルタント

30代は男性と女性の悩みの差が大きくなる

 30代という年代は、仕事の面ではキャリアの基盤ができ、自分自身の成長に対して欲求が出てくる頃です。また、女性としての人生も結婚、出産と花開く大切な時期です。働くことも生きることも、両方キラキラと輝く時です。だからこそ、自分たち自身が未来の可能性を信じ、夢に向かってどんどんチャレンジしてほしいのですが、それと同時に仕事と結婚、仕事と出産、仕事と育児というジレンマを抱える時でもあります。この30代こそが、男性と女性一番抱える問題、悩みの差が大きくなる世代ともいえます。

 20代は独身の人も多く、社会人となってまだヨチヨチ歩き状態といえるでしょう。また、40代、50代が社会的責任、家族の責任などを抱えつつ、人生の収穫をし、後進に経験を伝えていく世代です。実は、20代40代50代における男女の抱える人生の状態の差は、あまり大きくはありません。

 しかし、30代は違います。女性にとって結婚、出産、育児は、男性とは比較できないほど大きな負荷になっています。子育てをしながら働く女性へのサポートは、どの企業もかなり進んでいます。しかしながら、企業の制度が万端なら、問題なく働けるかといえば、それは大きな間違いです。肉体的、精神的に女性が背負う負荷ははかりしれません。