植田寿乃
キャリアコンサルタント/ダイバーシティコンサルタント

重要なのは「人間力」をうまく発揮すること

 2000年以降のニューキャリア時代に突入し、ダイバシティー(多様性)に対応した社会、組織の活発化のために、すべての人が「自立」・「共鳴」することが求められています。しかし、この自立と共鳴を各自が実践するのは、なかなか難しいことです。

 そこで重要となるなのが、リーダーの存在です。今までの軍隊型のリーダーが、オーケストラ型リーダーにならなくてはなりません。、そのためには、何が最も重要なのか?

  それは「人間力」をうまく発揮することです。そうでう、今まさに求められているのは部下を活かす「人間力リーダー」なのです。

あなたの人間力は?

 私は経営者や管理職を対象にしたリーダーシップ研修や講演の際に、以下の5つの質問をよくします。

 自分の最近のモチベーション(心のエネルギー状態、活き活き度合い、充実度合い)を問われると、40代、50代の男性管理職の人の多くは、まず、ちょっとびっくりしたような表情をし、それから目をつぶって自分の心の状態を考えようとします。

 すると、思ったよりも自分のモチベーションが低いことに気付くのです。そして、仕事はもとより、家族のこと、自分の体調など、様々なことにモチベーションが左右されていることを理解するのです。