細川馨
ビジネスコーチ(株) 代表取締役

 前回は、人間理解力を高めるということに焦点を当て、自己開示および信頼関係の構築についてお話ししました。今回は「傾聴」、「共感」というコーチングの手法を使って、人間理解力をさらに深め、コンプライアンス意識を高めていく方法についてお話しします。

相手の話を聞く――傾聴

 人は誰しも自分の意見を聞いてほしいと思うものです。しかし、ただ自分の話したいことを一方的に話していても、相手はあなたの話を聞いてくれません。相手に話を聞いてもらうためには、まず、相手の意見に耳を傾けること(傾聴)が大切です。相手の話に耳を傾ける――傾聴することは、相手との信頼関係を築くうえでも欠かせません。なぜなら、コミュニケーションは互いを理解し合うために行われるものであり、自分の話を聞いてくれない人を信頼することは、とても難しいことだからです。

 傾聴のポイントは次の3つです。

  1. 話は最後まで聞く
  2. 否定しない
  3. 真意を探る

 相手が話している途中で遮ったり、自分の意見を述べてはいけません。それをしてしまうと、相手は自分の話を聞いてもらえなかったと感じ、あなたの話を聞く気をなくしてしまいます。相手が話し終えるまでは、どんなに話したくなったとしても我慢しましょう。方法としては、メモを取ることをお勧めします。相手の話に集中することになるため、聞き逃してしまう恐れも少なくなりますし、結果として口を挟む余裕もなくなるからです。

 また、相手の話の内容や考えを否定することもやめましょう。その気はなくても、相手が話している最中に「いや、それは違うよ」などと遮ったり、話し終えた後に、「そういう考え方は良くないよ」といったコメントをしたりすることはあるものです。話や考えを否定されると、人は責められたと思って、言い訳を始めたり、話す気をなくしてしまいます。否定しない、ということを意識して話を聞くようにしましょう。

 そして、言葉の表面にとらわれることなく、真意を探りながら聞くことも必要です。話があまり上手ではない人もいますし、相手が常にあなたに本心だけを話しているとは限りません。「なぜ、こう言っているのか」をよく考えながら聞けば、相手が本当に言いたいことが読み取れるようになるはずです。