河合克彦
株式会社 河合コンサルティング 代表取締役

人事評価は管理職の役割を力づけ、推し進める

 前回は、管理職には「部門業績責任者」「部門活性化推進者」としての役割があり、「部下の公正評価」は「部門活性化推進者」としての役割の一つであり、管理職の本源的役割であると説明しました。そして「部下の公正評価」すなわち「人事評価」は、「部門業績責任者」「部門活性化推進者」という管理職の役割を力づけ、推し進めるパワーを持っていると説明しました。

「評価のパワー」についてもう少し考えてみよう

 今回は「評価のパワー」について、もう少し詳しく説明します。「評価」はそれ自体にパワーを持っています。評価者はその評価の持つパワーに気づいてほしいのです。

 そして「評価のパワー」を活かしきることが重要です。それでは「評価のパワー」は、どのようなところに力を発揮するのでしょうか。