田島俊之
エム・アイ・アソシエイツ(株) ディレクター

シニア層の自立と自律

 シニア向けキャリア研修のキャリア資産を活かすというセッションの場面で、50代のある受講者から「田島さん、我々は今まで散々新しい知識だスキルだと身に付けてきました。それなのにまだやらなければいけないのですか!?」と聞かれた。

 答えは「Yes」である。今のシニア層は自分でゴールを60歳のリタイア時に置いている人がほとんどだ。まずそこが違う。雇用延長によりますます働く時間が延びる中で、シニア層の人たちもキャリア開発を自分の問題として認識する必要がある。

 今までは終身雇用・年功序列の一律キャリアだったから会社主導のもと大過なく勤めてこられたが、これからは違う。会社は個人のキャリアそのものは考えてくれない。キャリア自立のための環境整備までだろう。だからこそシニア層個人に自律的行動が求められるのだ。

 シニア層に真の自立と自律を求める時に、パーソナルファイナンスについてのサポートが必要となるだろう。なぜなら、パーソナルファイナンスをしっかり考えることで、キャリア自律が進み、ひいてはライフデザインも描くことにつながるからだ。

 従来、一部の大企業を除いてほとんどの企業は終身雇用・年功序列型賃金制度の影に隠れて社員のパーソナルファイナンスについての教育やサポートを一切行ってきていない。自身のリタイア後における生活設計のための最低限の知識修得はシニア層にも必須だろう。パーソナルファイナンスの視点でより具体的なリタイア前後の生活イメージが見えてくると、これからのキャリアについても真剣に考えざるをえなくなる。つまり、これからのシニア層が目指すべき戦略は、長期的な視点でパーソナルファイナンスを考えると同時に、長期的かつポジティブにキャリア開発を進めることだ(図1参照)。