佐々木郷美
エム・アイ・アソシエイツ(株) マネジャー

キャリアを切り開いてきた若手社員に直撃インタビュー

 今日から数回は、私が実施している企業研修で出会った、きらきら輝く30代前半の若手社員の人たちに、20代のうちに自分のキャリアをどのように切り開いてきたのかを聞いた、直撃インタビューを紹介します。20代の若手社員の皆さん、そして20代若手を指導する上司や人事担当の皆さんに参考になればと思います。

 今回取り上げるAさんは、20代のうちは転職を繰り返し、社内でも異動などを通して、自分の力を試せる場所をアグレッシブに探し求めてきた上昇志向の高いタイプの人です。研修で出会ったときも、すごくエネルギッシュで熱いものを内に秘めた人だという印象がありました。

 しかし、このように高い目標を掲げるタイプの人には、注意しなければならないこともあります。自分の理想だけが高くて、周囲の動きと連動せずに突っ走ってしまったり、理想と現実とのギャップを埋めるための地道な努力を積み上げることを怠ってしまったりする人が最近は多いように感じます。その点Aさんは、じっくり自分自身と向き合い、自己分析した上で、緻密に自己開発プランを立てていました。また、自分の思い込みに頼らず、他の人から学ぼうとする姿勢にも見習うべきところがあります。今回、改めて自身のキャリア・ストーリーを語ってもらいました。

限界まで挑戦した経験が、自分の「強み」を作る

 まず、20代の仕事の中で、自分が鍛えられた、成長させられと感じた印象深い仕事について尋ねしました。Aさんは、入社間もない新人のころ、プロジェクトのリーダーが体調を崩してしまい、リーダー不在のまま自分たちだけでプロジェクトを進行させねばならなかった時期があったそうです。欠員のまま業務量は増える一方で、顧客との直接の折衝など明らかに自分の職責を超えた役割もいきなり果たさねばならなくなりました。それでも、やらざるを得ない状況に追い込まれ、がむしゃらに取り組んだことで、乗り切った時に得たものは大きかったようです。顧客の厳しい要求に応えて、文章作成能力やコミュニケーション能力がこの時期一気に鍛えられ、それが自分の強みになり、今の仕事にも役立っているそうです。また、辛い状況に追い込まれても踏ん張れる自分に自信がつき、忍耐力もついて、その後のプロジェクト上のトラブルでは滅多なことで驚かなくなったと語ってくれました。

 20代のうちに、自分のキャパを超える仕事に身を投じる経験をすることは非常に重要なことです。状況は整わなくても「何とかする」バイタリティは、経験を通してでなければ身に付きません。また、そのような経験は自分が選べるものではないわけですから、そういう類の仕事にぶち当たったときに、逃げずにチャンスとして活かしていくことが大切でしょう。自分の仕事のリスクを最小限にとどめて、そつなくこなす仕事の進め方は30代になってから身に付けても、遅くはありません。