佐々木郷美
エム・アイ・アソシエイツ(株) マネジャー

上司自身がやりがいをもって働いているか?

 キャリア研修でさまざまな企業を訪問すると、「最近、うちの若手社員は全く元気がなく、仕事に関しても受動的だ。言われたことしかやらないし、コミュニケーションが取りにくくて困る」という声をよく耳にする。では、上司は、どのように20代の若手社員の自律を支援すればいいのだろうか?

 今日はそのことを考えていきたいが、その前に、まず申し上げたいのは、上司である皆さん自身はどうなのだろうか?、ということだ。仕事に意義や意味を感じ、夢を持って取り組んでいるだろうか?いきいきと仕事をし、自分の成長にチャレンジできているのだろうか?20代の若手社員の力を引き出そうとしても、若手の育成に悩んでいるその上司自身が障害になっている状況が往々にしてある。そして、そのことに気付いていないケースも多い。

 職位が上がって求められる仕事の成果や役割、責任が大きくなると、「働きがい」や「やりがい」など言ってはいられない側面もある。やることはやらねばならない。このため、上司の方が自分自身のキャリアと正面から向き合って、いきいきと仕事に取り組む姿を部下に見せることが難しい場合もあるだろう。でも、自戒の念を込めて、本来、まずはそこを見つめることが大前提であることを理解してほしい。その上で、具体的な育成や支援のポイントをみていきたいと思う。