• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
21世紀医療フォーラム 良い医者、良い医療を創るプロジェクト
トップページ医療を変える摂食回復支援食「あいーと®」
新メニュー3品を4月2日に新発売

摂食回復支援食「あいーと®」
新メニュー3品を4月2日に新発売

2014.04.01 構成:21世紀医療フォーラム取材班
文責:日経BP社 21世紀医療フォーラム事務局長 阪田英也

イーエヌ大塚製薬が開発した摂食回復支援食「あいーと®」。新メニューの「五目ちらし」と「さわらの幽庵焼き」、リニューアルした「チキンカレー」の3品を、2014年4月2日(水)から全国で発売を開始する。

(構成:21世紀医療フォーラム取材班
 文責:日経BP社 21世紀医療フォーラム事務局長 阪田英也)

「五目ちらし」「さわらの幽庵焼き」
リニューアル商品「チキンカレー」を新発売

2014年4月2日から、全国で発売される「あいーと®」の新商品は、「五目ちらし」「さわらの幽庵焼き」、リニューアル商品「チキンカレー」の3品。春らしい風味豊かな混ぜご飯「五目ちらし」は、あいーとごはん同様、見た目は米粒がしっかり残りつつも、全粥ほどの軟らかさを実現。また、酸味が少ないまろやかな酢を使用することで、要介護者の酢による咽(むせ)にも配慮した。

清々しい柚子の香りと、さっぱりとした上品な味わいが特長の「さわらの幽庵焼き」。「あいーと®」には、さわらを香ばしく焼き上げた既存商品「華風焼き」があったが、この新商品でさわらメニューのバリエーションが広がった。

家庭料理の定番メニュー「チキンカレー」は、既存商品からリニューアル。ルーを増量し、スパイスの香りや味も改良することで、深いコクと旨味を引き出した。見る、食べるという食事の楽しみに、香りが加わってより食欲がそそる一品になっている。

盛りつけた五目ちらし
盛りつけた五目ちらし
盛りつけたさわらの幽庵焼き
盛りつけたさわらの幽庵焼き
盛りつけたチキンカレー
盛りつけたチキンカレー

見た目そのまま、舌でくずせる軟らかさ
摂食回復支援食「あいーと®」

「あいーと®」は、咀嚼力の低下など通常の食事を摂ることが難しい人向けに、食べる機能と栄養状態の回復を支援するためにイーエヌ大塚製薬が開発した加工食品である。独自の新技術「酵素均質浸透法」により、食材本来の形、色、味および栄養素をそのまま保ち、食材の硬さは舌でくずせる軟らかさに仕上げている。

2010年10月に販売以来、今回の新メニューを加えて合計39品目を販売。おかず2品+ごはん1品を1食の目安に、3食で約950~1300kcalが無理なく摂取でき、蒸し器や電子レンジで温めるだけの手軽さも人気だ。プロの料理人による味つけ、見た目、食べやすさ、栄養素やカロリーへのこだわりなど、摂食障害のある人の食事に配慮された商品となっている。

五目ちらしパッケージ
五目ちらしパッケージ
さわらの幽庵焼きパッケージ
さわらの幽庵焼きパッケージ
チキンカレーパッケージ
チキンカレーパッケージ
医療を変える