• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
21世紀医療フォーラム 良い医者、良い医療を創るプロジェクト
トップページ医療を変える社会保障と税の一体改革をふまえた医薬品産業の展望

「IMS ジャパン ヘルスケア・サミット 2012」開催

社会保障と税の一体改革をふまえた医薬品産業の展望

第3回(3回連載)

2013.02.12 取材:21世紀医療フォーラム取材班
文責:日経BP社 21世紀医療フォーラム事務局 エグゼクティブ・プロデューサー 阪田英也

2009年より3回にわたって行われてきた「IMSジャパン ヘルスケア・シンポジウム」は、医療関係者と共に医療改革の動向を探り、それを踏まえて日本の医薬品産業が進むべき道を探ってきた。
4年目を迎えた2012年は、名称を「IMSジャパン ヘルスケア・サミット2012」と改め、「社会保障と税の一体改革をふまえた医薬品産業の展望」をテーマに、2012年11月29日、ホテルオークラ東京にて開催した。

3回連載の3回目は、ゲストスピーカーをパネリストに、東京女子医科大学教授の渡辺俊介氏がファシリテーターを務めたパネル・ディスカッションの模様をお届けする。
(取材:21世紀医療フォーラム取材班 文責:日経BP社 21世紀医療フォーラム事務局 エグゼクティブ・プロデューサー 阪田英也)

開催概要

■開催日 2012年11月29日(木)
■場所  ホテルオークラ東京

■ゲストスピーカー(講演順)
仙谷由人 氏 民主党副代表
尾辻秀久 氏 参議院副議長
横倉義武 氏 日本医師会会長
内藤晴夫 氏 エーザイ株式会社代表執行役社長(CEO)
松谷高顕 氏 東邦ホールディングス株式会社代表取締役会長

■ファシリテーター
渡辺俊介 氏 東京女子医科大学教授
(※講演者の肩書きは、サミットが開催された11月時点のものである。)

パネル・ディスカッション
社会保障と税の一体改革をふまえた医薬品産業の展望

渡辺俊介 氏
東京女子医科大学教授
渡辺俊介 氏

パネル・ディスカッションは、ファシリテーターを務める東京女子医科大学教授の渡辺氏が、会場の参加者からパネリスト5人への質疑を求める形で進行した。

最初に質問に立ったのは、日本製薬工業協会会長であり、塩野義製薬株式会社代表取締役社長の手代木功氏。同氏は、「日本の国民総医療費は 37兆円程度で、 OECDの中でもそれほど高いレベルではない。現在の医療費の規模をどう捉えるか」「新薬創出加算を本格運用していただきたいが、これについてのお考えは」の2点について、仙谷氏、尾辻氏、横倉氏の意見を求めた。

国民医療費増大の是認と新薬開発の促進を

仙谷氏は「国民総医療費はもう少し大きくなるべき」とした上で、「日本の診療報酬は安過ぎると主張してきたが、なかなか国民的合意に至らない。医療者も、この程度の診療報酬は国民が負担すべきだと言ってほしい。国民の負担を増やし、医療のトータルマーケットを大きくすべきだ」と続けた。新薬創出加算については「開発された薬価は適正に維持されるべき」と述べ、制度の本格運用に賛成の立場を明らかにした。

尾辻氏は「日本の総医療費は大きくすべきだ。医療の価格を統制する国が決断して、医療費を上げるしかない」と強く主張。新薬創出に関しても「必要なお金は国が出し、世界で売れる薬を作ればいい」と明快に述べた。

横倉氏は「公的医療機関の人件費の格差は相当大きい」と問題を提起。「例えば、看護師の給与は公立病院と私的病院を比較すると年収150万円程の差がある。それを埋める診療報酬に変えるべきと医師会からも要望しているが通らない」。また、患者の自己負担については「所得別に自己負担の上限を決める。一律の負担では高齢者の間で受診抑制が起こる」と慎重な考えを述べた。新薬創出加算については「新薬が開発されれば国民にも利益がある。新薬開発の意欲が削がれない制度を、しっかり作っていかなければいけない」とした。

次に、大正製薬ホールディングス株式会社代表取締役会長兼社長の上原明氏は「日本の皆保険制度は、このままでは崩壊する。35歳を過ぎたら自らの健康は自ら管理するセルフメディケーションの仕組みづくりが必要だ」と持論を述べた。さらに「糖尿病などの生活習慣病は、一度発症すると治療が長く続く。早くから健診を受けて予防すれば、生活習慣病の医療費5兆円が節減できる」とした。

(写真左より)ファシリテーター:渡辺 氏
パネリスト:仙谷 氏、尾辻 氏、横倉 氏、内藤 氏、松谷 氏
医療を変える