• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
21世紀医療フォーラム 良い医者、良い医療を創るプロジェクト
トップページトップインタビュー戦略的な人事システム構築でグローバル企業の競争力強化に貢献

戦略的な人事システム構築でグローバル企業の競争力強化に貢献

2013.01.22 ノースゲートインフォメーションソリューションズCEO Adel Al-Saleh 氏
Adel Al-Saleh 氏
ノースゲートインフォメーションソリューションズCEO
Adel Al-Saleh 氏
IBM、IMSにおいて、米国をはじめ、ヨーロッパや中東、アフリカなど、世界各地で責任者として事業を運営してきた。その経験を評価され、2011年12月にノースゲートインフォメーションソリューションズのCEOに就任。

競争が激しいグローバルマーケットで成功を収めるには、異なる価値観や文化的背景を持つ世界各国の人材の意欲を引き出し、その能力を最大限生かせる人材配置が欠かせない。しかし一方で、企業の人事関連コストは、トータルコストの25~30%を占め、経営全体の圧迫要因となっている。この人事関連コストを下げるには、人事に関わるルーティン業務をアウトソーシングする必要があり、そのうえでグローバル化に向けての戦略的人事を遂行することが求められる。
この目的に添った人事システム構築を手掛けるのが、ノースゲートインフォメーションソリューションズだ。世界のグローバルカンパニーに人事ソリューションを提供する同社は、先ごろ日本への進出を果たした。日本での事業戦略を同社のCEO、Adel Al-Saleh氏に聞いた。
(取材:日経BP社 21世紀医療フォーラム事務局 エグゼクティブ・プロデューサー 阪田英也 構成:21世紀医療フォーラム取材班 赤堀たか子)

グローバルビジネス成功のカギは、世界共通の人事システム

まず、ノースゲートインフォメーションソリューションズ(以下、ノースゲート)社の概要と提供するサービスについて教えてください。

Al-Saleh ノースゲートは、企業の人事部門や公共機関などに対し、専門家やソフトウェア、アウトソーシングなどのサービスを提供する企業で、世界に12000人以上の従業員を擁し、57カ国で事業を展開しています。当社には、「ノースゲートアリンソ(NGA)」、「ノースゲートパブリックサービセス(NPS)」、「ノースゲートマネージドサービセス(NMS)」の3つの部署がありますが、今回は、NGAに特化してご紹介したいと思います。

NGAは、給与、福利厚生、人事評価などあらゆる人事の業務に関して、技術、ソリューション、コンサルティング、業務委託などのサービスを提供しています。世界各地に事業所を置くグローバルカンパニーに対し、すべての事業所を共通の制度で運営できる一貫性のある人事システムを構築し、グローバルビジネスでの競争力強化に貢献しています。

御社のサービスを活用するメリットについて、教えてください。

Adel Al-Saleh 氏

Al-Saleh 我々のシステムを導入するメリットは3つあります。
まず1つは、人事関連の費用を抑制できる点です。今日では、業種に関係なく、企業の人事関連のコストは、トータルコストの25~30%を占めるまでになっています。世界全体で人事システムを統一させ、効率的な管理体制を構築することで、人事関連のコストを削減できます。

2点目は、当社が持つグローバル人事サービスの専門知識や人事業務の経験を利用することで、人事関連サービスの質を向上させられる点です。当社は、人事コンサルティングの専門家が1000人以上、ERPの導入に熟知している専門家が約3000人と、数多くのプロフェッショナルを揃え、どんなニーズにも対応できる体制を整えています。さらに、世界の全ての大陸に戦略的な拠点を設けており、地域ごとの要件にも対応できるようになっています。また、SAPベースやオラクルベースなど、さまざまなシステムに対応した技術やソリューションも持っています。一般企業から公益企業まで幅広い産業分野にお客様があり、その従業員は延べ600万人を超えており、それぞれの業界の知識も豊富です。当社を利用することで、こうしたノウハウや技術を活用できるため、自社の人事サービスをよりよいものにすることができます。

3点目は、世界で統一した人事システムを作ることで、より柔軟性のある組織になれることです。グローバルマーケットで成功するためには、世界各地の事業所に勤める異なる文化や習慣を持つさまざまな社員の意欲を高め、その能力に応じて活用することが重要です。世界で統一した人事システムを構築すれば、どこに、どのような能力を持った人材がいるかが容易に把握でき、最適な人員配置や活用ができます。また、統一したシステムなら、さまざまな施策を世界規模で実施することや実施した施策の効果測定も簡単にできます。

人事部が本来業務に集中するためのアウトソーシングを提供

人事のアウトソーシングというと、人事の仕事を奪われるという、現場からの抵抗も考えられます。

Al-Saleh それは誤解です。本来、人事が取り組むべきことは、トップが考えている戦略を実現するために必要な人材を育成・配置し、意欲を引き出す評価制度を構築することです。しかし、人事管理のファイルを作成したり、従業員の問い合わせに対応したりといった作業に追われ、本来取り組むべきところに時間を費やせていないのが現状です。当社のサービスを利用すれば、そうした作業をアウトソーシングできるため、本来の業務に集中できます。例えば、従業員からの問い合わせが多い内容をデータベースにして従業員がネット上で調べられる仕組みを作れば、スタッフがいちいち問い合わせに対応する必要がなくなり、その分、もっと戦略的な仕事に時間や手間をかけられるようになります。

人事評価のシステムのアウトソーシングもしているのですか。

Al-Saleh はい。人事評価そのものは上司と部下が向き合って行うものですが、そのデータをインプットするシステムは当社が提供します。評価基準は企業によって異なるので、それは企業に合わせてカスタマイズします。また、地域や国ごとに求められる法律や規制、労組との契約なども異なりますが、このシステムを使うことで、地域ごとのルールを反映させたシステムにすることができるため、国や地域ごとの特徴を反映させながら、世界規模で統一性がある評価制度を作ることができます。

トップインタビュー