トップ > 梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」 > 梶原しげる:「家を建てる」が「生きる希望」に!86歳被災男性が病の妻に捧げた「新居の夢」の行方

梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」ビジネス

梶原しげる:「家を建てる」が「生きる希望」に!86歳被災男性が病の妻に捧げた「新居の夢」の行方(6/6ページ)

2015.04.02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「家を建てる」に込められた妻への愛

「希望ゼロ!家なんて作ったって意味ねえ。借り上げ住宅のまんまで良かった。何のために家なんか建てたんだ!」

 自分を責め続ける86歳。

 年が明けた。

 予定から4カ月遅れで新居完成。

「この家は、ばあちゃん専用に造った家だぞ」

 妻のリハビリ用に作った長い廊下を夫は車イスに乗って亡き妻に語りかける。

 家が建った今の心境をスタッフに問われて桑折さんはこう答えた。

「肩の荷はまだ下りねえ。今はもう少し一人で働いて、あとは色々考えて…がんばるよりしょうがねえ…」

 「家を建てる」に込められた、86歳夫の妻への愛。

 本作の再々放送を切に祈る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1.エリ2015.06.13

    今日、放送を見ました。
    あの地震、津波が全ての希望と命をもっていってしまったんですね。でもその中でも本当に一生懸命希望を探して踏ん張ろうとしている人たちがいること、やるしかないという気持ちで毎日を必死に過ごしている人たちがいることが改めて分かりました。
    同時に東京オリンピックにうつつを抜かしている安倍氏には、散々呆れかえっています。悲しいですね。人の痛みがわからない人がトップにいるということが。
    もっともっとたくさんの人にこの番組を見て欲しいです。そしておじいさんの養子となった人が、財産目当てではなくいい人であることを切に願います。

  • 2.頑張るよりしょうがねえ2015.06.06

    桑折馨さん あなたは素晴らしい人です 奥様、息子さんの誇りです 今日の再々放送、楽しみにしています

  • 3.杉本一正2015.04.03

    確定申告を済ませ、国の予算について国会審議を聴きながら思った。復興税という所得税を納付しているが、この使途について国民への報告が無いことに疑問を感じた。復興税として年間幾らの歳入があり、どのように歳出したのか、新年度ではどのように歳出を計画しているかを知りたい。被災地の方に希望を与えることを知らせるべきではないか。マスコミは解説すべきではないのか。
    また、原発事故により避難生活をされている方も多くいるが、復興税はここにも使われるのか承知していない。震災による復興税の対象なのか、東電の問題であり一切国税からの歳出は無いのか。ほとんどの国民は承知していないのではないでしょうか。

あなたの意見を表明してみませんか? ログイン or 会員登録 でコメント投稿ができます。

コメント投稿に関するご注意
日経BP社は、読者の皆様からの投稿の内容につきまして、その信頼性、適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合も、日経BP社は一切、責任を負いませんので、皆様の自己責任においてご利用ください。
トラブルを避けるためにも、ご自身を特定できる情報を書き込まれないことを強く推奨いたします。
投稿していただいたコメントは、編集部が査読した上で公開します。即時公開はされません。また、明らかな間違いや不適切な表現があった場合、原文の意図を損なわないと思われる範囲内で変更をさせていただく場合があります。内容がふさわしくないと判断した場合、公開後でも削除する場合があります。
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー