トップ > 梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」 > 梶原しげる:【341】自分の中に埋もれている貴重な資源 「趣味」を発掘して世界を広げよう!

梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」ビジネス

梶原しげる:【341】自分の中に埋もれている貴重な資源 「趣味」を発掘して世界を広げよう!(5/6ページ)

2015.03.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「語り」の第一人者、鎌田弥恵さんとの出会いに触発

 鎌田さんは「放送が始まると銭湯が空になる」と言われた、戦後を代表する伝説のラジオドラマ「君の名は」のナレーションでも有名な「語り」の第一人者だ。

 第一部は本を見ながら読み上げる朗読。

 第二部は文学作品を暗誦して客席を見ながら伝える「語り」。

 座って語るだけなのに、目の前にはその場の光景や人物の表情までもがありありと浮かび上がってくる。

「これだ!私がやりたかったのは!」

 平野さんの身体に電流が走った!

 幕が下りると平野さんは、楽屋に引き返す鎌田先生に突撃した。

「私を弟子にして下さい!私、先生のような語りをやりたいんです!!」

 社内での居場所を獲得するため探し出した「趣味」が「語りという天職」に転換した瞬間だ。

 先生から直接教えを許されるまでにも時間はかかった。

 会社には迷惑をかけてはならないと既に辞表を提出していた。

 生活のため、ハローワークのお世話にもなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー