トップ > 乗り移り人生相談 > 乗り移り人生相談:【285】残高1994円の預金通帳というお守り

乗り移り人生相談ライフ

乗り移り人生相談:【285】残高1994円の預金通帳というお守り(1/4ページ)

2015.03.05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Q
尊敬する親友の死期が近づいています

 小生の尊敬する先輩かつ親友の余命が短いのです。最近は連絡もとれません。この方からは仕事、酒、遊び、家族のあり方を教えてもらっています。ただ、まだまだ知りたいことがたくさんあるのです。この方を失うと考えるだけで胸に大きな穴が開いたような痛みを感じます。もしものときの虚無感は考えたくありません。島地様は今東光大僧正を亡くされた時の虚無感をどのように受け入れたのでしょうか。その体験の一滴でもお知らせください。
(38歳・男性)

ミツハシ 遅ればせながら、Bon Bon chocolatさん、バレンタインデーにボンボンショコラをありがとうございました。シマジさんを通じて確かに受け取り、おいしくいただきました。もし、サロン・ド・シマジ新宿店にいらっしゃったときに私がおりましたら、声をかけてください。お礼に私の好きなクライヌリッシュをご馳走いたします。

シマジ  俺もお礼を言う。今年も数多くのチョコレートをありがとう。あなたたちが次にサロン・ド・シマジに来たときには、スパイシーハイボールに多めに胡椒を振ってあげよう。

ミツハシ それだけですか。「いつもより余計に振っております」って染之助・染太郎じゃないんですから。

シマジ  じゃあ、ハグもしてあげよう。

ミツハシ まあハグくらいならいいでしょう。でも、それ以上のことはしないでくださいね。 さて、今週の相談は、先週までと打って変わって男同士の友情です。尊敬する先輩の命がもう残り少ない。これは切ないですね。

「シマジさんだけには見せたくないと申しております」

シマジ 何度か断片的に話したと思うが、今東光大僧正が亡くなったときのことをもう一度話そう。「こいつは俺の一番新しい親友や」と俺を様々な人に紹介してくれた今さんは、体調を崩して千葉の病院に入院したとき、見舞いに来た編集者たちを病室に招いたのに俺だけは部屋に入れてくれなかった。

ミツハシ 今さんは、シマジさんにやつれた姿を見せたくなかったんですよね。

シマジ  最初はそれに思い至らず、ちょっと頭に来たんだよ。だけど、きよ夫人から「無精ひげが伸びて痩せこけた姿をシマジさんだけには見せたくないと申しております。本当にごめんなさいね」と言われてね。今さんの気持ちが痛いほど伝わってきた。俺のことを本当に親友だと思ってくれていたからこそ、俺に対して男としての美学を押し通したかったんだよ。

 相談者も最近は先輩と連絡が取れないとのことだが、病状が重いだけでなく、今さんが俺に会わないようにしようと思ったのと同じ気持ちが働いているのかもしれない。つまり、自分を人生の先達として尊敬し、あこがれてくれている後輩に、痩せてやつれて元気をなくした姿を見せて失望させたり、悲しませたりしたくないと考えて、あえて連絡を絶っているのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー