トップ > ロジカルシンキングの達人になる > 論理思考:【190】「それじゃ考えたとは言わない」って、じゃあどうすればいいのか?

ロジカルシンキングの達人になるビジネス

論理思考:【190】「それじゃ考えたとは言わない」って、じゃあどうすればいいのか?(1/5ページ)

~分からないことが分かるようにする~

2015.02.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 教えることの難しさを代表する現象に「できている人にはぴんと来るけれども、できていない人には分からない、イメージできない。だからなかなかできるようにならない」というのがあります。論理思考についても同じ事が当てはまります。

 「それじゃ考えたことにならない!」とか「ちゃんと考えろよ」と言われている人でも、自分では考えたつもりだし、「じゃあどこまで到達したら考えたことになるのか」分からない、というケースが多々見られます。

 逆に言えば、「何をどこまでやればいいのかは分かる」ところまでたどりつければ、大きな前進と言えます。もちろん「分かる」と「できる」の間にも大きな違いはあるのですが、「分かる」と「分からない」の差に比べれば小さいものです。

 そこで今回はどうなったら「ちゃんと考えている」と言えるのかを「分からない人」にも伝える方法を考えてみましょう。このコラムを読まれているあなたは既にイメージをつかめていると思いますので、ぜひ読みながらいっしょにトライしてみてください。論理思考をさらに理解し、使いこなすのに役立つと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー