トップ > 大前研一の「産業突然死」時代の人生論 > 大前研一:ピケティの主張は的外れ、日本経済の問題は「低欲望社会」に尽きる

大前研一の「産業突然死」時代の人生論ビジネス

大前研一:ピケティの主張は的外れ、日本経済の問題は「低欲望社会」に尽きる(1/6ページ)

2015.02.18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済的不平等、つまり格差問題を扱った『21世紀の資本』が話題となっている。著者であるフランスの経済学者トマ・ピケティ氏は昨年春以来、世界的に有名になったが、昨年12月にみすず書房から訳書が出た日本でも注目されている。

外国の先生の主張をありがたがる日本人の悪い癖

 世界でベストセラーとなっている『21世紀の資本』の著者トマ・ピケティ氏は1月29日からの4日間の来日で、講演の質疑応答やパネル討論などを通じ、日本の税制や労働市場の改革などの議論に一石を投じた、と新聞などは報じている。

 確かに、膨大な資産や所得のデータを集めて分析した『21世紀の資本』は力作である。しかし、私は正直言って、日本人が彼の主張を持ち上げていることに疑問を感じる。

 ピケティ本に限らず、最近話題の経済分析本に共通するのは、日本の事例に当てはまらない分析を、外国の先生が主張しているからという理由だけでありがたがることだ。そうした悪い癖が出るそもそもの理由は、日本人は日本の経済の実態がどのくらい世界の状況からずれているのかを知らないからだ。日本の経済学者は外国の文献を読むことが多く、自国の経済実態の分析ができていないからだ。

 ここで「近年話題の経済分析の著作」をご覧いただきたい。

[画像のクリックで拡大表示]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー