トップ > 「腰が痛い」ときの対処法~この方法で痛み解消 > 腰が痛い:第4回 職場で起こる「腰痛」を防ぐには

「腰が痛い」ときの対処法~この方法で痛み解消医療

腰が痛い:第4回 職場で起こる「腰痛」を防ぐには(4/8ページ)

厚労省『職場における腰痛予防対策指針』に学ぶ

2014.12.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長時間じっとしているのはよくない

 動くときだけでなく、長時間立ったり座ったりしていると腰に疲労がたまりやすい。なるべく腰に負担がかからないようにしつつ、同じ姿勢を長時間取らないようにすることが大切だ。

 立つときも座るときも、作業台の高さはひじの曲げ角度がおよそ90度になるようにすること。長時間立つときは、片足を台に乗せる、高い椅子に軽くおしりを乗せるなどするといい。長時間座るときには、ときどき立ち上がって小休止を入れるのがお勧めだ。また、ときどき足の位置を変えたり、背もたれの角度を変えて後傾姿勢を取ったり、適宜立ち上がって膝を伸ばす、クッションなどの腰当てをするなどして、姿勢を変えるようにしよう。

▼腰掛け作業で、腰痛改善の観点から望ましい椅子の条件
(『職場における腰痛予防対策指針』別紙解説より抜粋)

(1)背もたれは後方に傾斜し、腰パットを備えていること。腰パットの位置は、第3腰椎と第4腰椎(下から順に第5~第1腰椎)の中間にあることが望ましい。
(2)座面が大腿部を圧迫しすぎないこと。
(3)椅子は労働者の体格に合わせて調節できること。椅子の調節部位は座面高、背もたれ角度、肘掛けの高さ・位置、座面の角度等である。
(4)椅子は、作業中に労働者の動作に応じて、その位置を移動できるようにキャスター付きの安定したもので、座面や背もたれの材質は、快適で熱交換の良いものが望ましい。

背骨と椎骨の構造
[画像のクリックで拡大表示]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー