トップ > 若手ビジネスパーソンのためのMBA講座 > MBA講座:「チーム作り」の最初の本質とは何か?(西條剛央連載 第1回)

若手ビジネスパーソンのためのMBA講座ビジネス

MBA講座:「チーム作り」の最初の本質とは何か?(西條剛央連載 第1回)(4/7ページ)

リーダーに頼らず自立的に動く!「しなやかなチーム」の作り方

2014.11.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

価値とは何か

 これを支えている原理が「価値の原理」である。価値の原理とは、「すべての価値は目的や関心、欲望といったものに応じて(相関して)立ち現れる」というものだ。普段、雨が降ってきたら嫌がる人も、災害でライフラインが断絶し、喉が渇いていれば、雨水は貴重な価値のあるものとして立ち現れる。価値とはどこかに転がっているモノではない。必ず特定の欲望、関心や目的といったものに相関して立ち現れるものなのだ(注3)。

 したがって、この文脈でいえば、チームの目的を抜きに、どういうチーム編成がよいとか、どういう戦略がよいといったことを議論することはできない、ということである。たとえば、SWATのような一般の警察では対応しきれない凶悪犯罪に対する目的のための特殊部隊を作ろうとしたときと、愛情豊かな子どもを育てるための保育者のチームを作ろうとしたときとでは、求められる理念、メンバー、リーダーシップといった方法は決定的に変わってくる。

 「何がよいか」と問う前に、必ず「何をしたいのか」を明らかにしなければならないのだ。だからこそ、目的を明確にすることが最初の最重要ポイントになるのである。

注3:「価値」を問い直すを参照。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー