トップ > 猪子寿之 “ウルトラテクノロジスト集団”の仕事術 > チームラボ・猪子寿之:何をする会社なのか説明せず、「ウルトラテクノロジスト集団」と名乗るワケ

猪子寿之 “ウルトラテクノロジスト集団”の仕事術ビジネス

チームラボ・猪子寿之:何をする会社なのか説明せず、「ウルトラテクノロジスト集団」と名乗るワケ(1/3ページ)

【その7】代表 こそプロジェクトの一員に

2014.11.05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チームラボは、自分たちのことを「ウルトラテクノロジスト集団」と名乗るだけで、何をする会社なのか言及しない。アウトプットについて説明しようとすると、その集団の未来が規定されてしまい、イノベーションを生み出すという目標とは相反するからだ。

 「ウルトラテクノロジスト集団」。これはチームラボがどういう会社であるのかを説明するために使っている言葉です。企業って普通、アウトプットについて何か言おうとするでしょう? 「日本一おいしいステーキ屋さん」とか、「情報社会の柱になります」とか。
 だけどわれわれはアウトプットについてなんら言及していない。どういう集団かということだけ明言している。ひどい会社説明だよね(笑)。

タイトル
チームラボ代表の猪子寿之氏

 でもアウトプットについて説明しようとすると、その集団の未来が規定されてしまうじゃないですか。それはイノベーションを生み出すという目標とは相反する。だからやりたくないんです。しかしそうは言っても「チームラボって何?」という質問に対する答えは必要なので、われわれは「テクノロジストという専門家の集団」なんだと言っているんです。

 ここでいう「テクノロジスト」とは、技術者だけではなく、「考えて手を動かす人」すべてを指します。高度な専門知識の裏付けやクリエイティブな技能を駆使して手を動かし、ものを作り上げる人のことで、技術者のほかデザイナーや編集者、建築家なんかも当てはまります。3DCGクリエイターにしても、絵が描けるだけじゃなくて専門知識を必要としますよね。そういう人たちをみんなひっくるめて、テクノロジストという言葉で言い表せるんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー