トップ > 梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」 > 梶原しげる:【318】「10億円BIG」当せん者に「命名権販売」仕掛けた文化放送のラジオ愛

梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」ビジネス

梶原しげる:【318】「10億円BIG」当せん者に「命名権販売」仕掛けた文化放送のラジオ愛(1/6ページ)

2014.10.09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BIGな夢を手にしたラジオファンにもう一つの夢を!

 2014年9月30日から日付が変わって10月1日水曜日になったその瞬間。電話のコールがないのを確認した文化放送の広報担当A子さんはそれまでの緊張が一気に解けてヘナヘナっとベッドに倒れ込んだ。

「あああ…」

 文化放送は8月23日から9月6日までに発売されるスポーツ振興くじBIGで10億円を当てた1等当せん者、先着1名に「文化放送を1日あなたのものにできる権利」を販売するという、放送史上かつてない「超BIG企画」をぶち上げた。彼女はその現場運営の担当者だった。

 購入者は自分の好きな一日。文化放送を自分の名前の放送局に改名できる。従って本社ビルの社名看板・広告看板、ホームページや社員の名刺、社旗、社歌も、オリジナルグッズにさえも購入者の名前が使われる。

 局の入り口に彼の銅像が据えられ、専用の社長室も用意される。局の目玉番組にも出演できる。例えば立川志の輔師匠は購入者の人生をネタに新作落語を、弘兼憲史先生はオリジナルのマンガで人生を綴り、みのもんたさんは「みの節」で「天晴人生」を語り上げてくれる。

 さらに「超!A&G+」(文化放送が運営するアニメ関連専門のインターネットラジオ)に出演しているアニメ&ゲーム声優を起用したアニメーション制作だってできる! のだそうだ。

「BIGな夢を手にしたラジオファンの方にもう一つ大きな夢を叶えていただきたいと練りに練った企画が…」

 A子さんは倒れ込みながら、そうつぶやいたらしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー