トップ > カラダに嬉しい豆知識「Dr.鷲崎の健康エビデンス」 > 冷房をつけたまま寝るのは身体に悪いか

カラダに嬉しい豆知識「Dr.鷲崎の健康エビデンス」医療

冷房をつけたまま寝るのは身体に悪いか(4/4ページ)

2014.08.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カビの発生にも注意、電源を切る前に送風運転

 一方、舗装していない土の路面や芝生があると、昼間に30度以上あっても明け方には20度近くにまで下がるといわれていますので、エアコンの終夜運転は、温度センサーの感度によっては必要以上に効きすぎもあり得ると考えたほうが無難です。

 明け方にタイマーで切るのも一法ですが、室外機運転中に電気が切れると、室内機の熱交換器に結露が生じ、すぐカビが発生します。これを繰り返していると運転を再開したときにカビを部屋中に撒き散らし、いやな臭いの元を作ることになりますし、予想外の病気の原因になることもありますので要注意です。カビ発生防止には電源を切る前に最低15分は送風運転をして、熱交換器部分を部屋の温度と同じにして水滴が付かないようにするべきです。

 子供は3歳位までの間にその間の環境で脳の体温調節能力を発達させます。従ってあまり温室育ち的な快適環境のみで育てるのは良くないようです。暑い環境や寒い環境を身体に憶えさせることも大切なのです。でも炎天下の駐車場で乳幼児だけをエアコンなしの車内に放置するような鍛え方は危険です。夏場はわずか5分で40℃をはるかに超える劣悪な環境になることが確かめられています。

鷲崎 誠(わしざき・まこと)
鷲崎 誠(わしざき・まこと)

 医学博士。昭和大学医学部卒業後、虎ノ門病院病棟医・専攻医、順天堂大学呼吸器内科講師、伊勢丹健康管理センター所長、東京地下鉄健康支援センター所長を歴任。現在は複数の企業で産業医を勤める。著書に「健康診断・人間ドック『気になる』疑問」、「日頃気になる 体のあのこと この症状」などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー