行動がトリッキー

15.ブログが唯一の友達

 社内には当然のごとく、友人はいない。話す相手の大半が落ちこぼれで、バカにされている人。社外には、もちろん、友人などいない。唯一の友達は、ブログ。ここでは、大胆不敵になる。匿名ということもあり、心の中で思っていることを繰り返し書く。キーワードは、「会社にぶら下がるな!」「社畜になるな!」。語彙力が貧弱であり、表現力に乏しい。時折、「終身雇用・年功序列、打倒!世代間抗争!」と書くこともある。実は終身雇用・年功序列の実態も、それらの意味も正確には知らない。「世代間抗争」と書くが、20代前半の社員からバカにされていることも感じ取れない。

 落ちこぼれて、バカにされる人を観察していると、飽きないものです。会社員の頃の、私の上司の言葉を借りると、「行動がトリッキー」なのです。あらゆることに一生懸命に取り組みますが、そのいずれもが失敗したり、途中で暗礁に乗り上げたりします。それでも、本人はどこ吹く風で、まじめに出社を続けます。皆は、「もう、辞めてほしい」と願っているのですが、その祈りは届きません。だからこそ、一段とバカにされるのです。

 読者の皆さんの周りにも、落ちこぼれて、バカにされる人が少なからずいるはずです。こんな社員になってはいけない、という「反面教師」としてマメに観察するべきです。そして、今後に生かしていくべきでしょう。