トップ > 職場を生き抜け! > 職場を生き抜け:【239】落ちこぼれが得意げに口にする言葉

職場を生き抜け!ビジネス

職場を生き抜け:【239】落ちこぼれが得意げに口にする言葉(1/6ページ)

2014.05.28

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

落ちこぼれが使うポビュラーな言葉

 今回は、同世代の人よりも昇格などが遅れる「落ちこぼれ」が、得意げに口にする言葉を紹介します。ここ20数年の私の取材や観察を通して見つけ出したものです。それぞれの言葉が意味するものは異なりますが、ベースにあるものは共通しています。

 大きな特徴は、組織人として働く、という自覚に乏しく、職場で認められる論理を何ら、心得ていないことです。ある意味で正直な人といえるかもしれませんが、あまりにも幼く、メンタリティーは相当に低いといえるでしょう。落ちこぼれるのは、自らの意識の反映といえます。皆さんは、このような言葉を耳にしたことがないでしょうか。

1.「社畜になるな!」「会社にぶら下がるな!」

 落ちこぼれの人が使う、最もポピュラーな言葉です。自らの不満を押さえることができないがゆえに、他人に「社畜になるな!」「会社にぶら下がるな!」とけしかけるのでしょう。実は、自分が社畜であり、会社にぶら下がっていることに気がついていないのです。給料分を稼ぐこともできないならば、「社畜」であり、「ぶら下がり」以外、何者でもないでしょう。

 私が20代の頃(1990年代)にもいましたが、ここ10年はインターネットのブログなどで数多く見つけることができます。書き手である、30代半ばまでくらいと思える人たちの日記を遡って読むと、現在の上司や会社を強く批判しています。

 ところが、いつまでも未練がましく、会社に残っています。どうやら、次の会社に移り、見返すだけの実績も力もないようです。これでは、今の上司などから足元をみられるのは当たり前。上司になびく、周囲の社員からも軽く扱われるはずです。それでも、本人は感性が鈍く、空気が読めないから、「社畜になるな!」「会社にぶら下がるな!」と吠えます。昇格が遅れ、泥沼化していく、実にわかりやすい人たちです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー