トップ > 梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」 > 梶原しげる:【297】『3.11とアイドル』が伝える「ももいろクローバーZ」が震災直後に敢行した「一生忘れられないイベント」の意味

梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」ビジネス

梶原しげる:【297】『3.11とアイドル』が伝える「ももいろクローバーZ」が震災直後に敢行した「一生忘れられないイベント」の意味(7/7ページ)

2014.05.08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

被災地の幼い少女から聞いた「忘れられない言葉」

 若き論客、宇野常寛さんも『AKB48白熱論争』(幻冬舎新書)でこう語っている。

 「今はみんな将来が不安~だからこそ、自分と利害関係の離れた所で誰かを推すことが心の支えになるんじゃないでしょうか~」

 小島さんには東北の被災地の幼い少女から聞いた「忘れられない言葉」がある。

「ここにいて一つだけいいことがあった。あのAKBがトラックの荷台に乗って目の前で歌ってくれた。 AKBに会えて嬉しかった」

 アイドルってスゴい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの意見を表明してみませんか? ログイン or 会員登録 でコメント投稿ができます。

コメント投稿に関するご注意
日経BP社は、読者の皆様からの投稿の内容につきまして、その信頼性、適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合も、日経BP社は一切、責任を負いませんので、皆様の自己責任においてご利用ください。
トラブルを避けるためにも、ご自身を特定できる情報を書き込まれないことを強く推奨いたします。
投稿していただいたコメントは、編集部が査読した上で公開します。即時公開はされません。また、明らかな間違いや不適切な表現があった場合、原文の意図を損なわないと思われる範囲内で変更をさせていただく場合があります。内容がふさわしくないと判断した場合、公開後でも削除する場合があります。
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー