トップ > 乗り移り人生相談 > 乗り移り人生相談:【243】健全な肉体に不健全な精神を宿しなさい

乗り移り人生相談ライフ

乗り移り人生相談:【243】健全な肉体に不健全な精神を宿しなさい(1/4ページ)

2014.05.01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Q
複数の女を愛せる男との恋愛におかしくなりそう

 おつきあいしている男性は、複数の女性を愛することができる男性です。逢瀬の際は、おくびにもださず深く深く愛してくれます。彼との結婚なども望んではいませんので、些細なことは見て見ぬふり、気が付かぬふりをし関係を続けていました。しかし、ふととても悲しく、虚無にかられる瞬間があります。この悲しみで精神に異常きたすのではないかと不安にかられ先日思い余って別れを切り出したところ、引き留められました。私はどうすればよいのでしょうか。
(35歳・女性)

ミツハシ 風薫る五月、ゴールデンウィークの合間にはあまり相応しくないかもしれませんが、今週はこれを取り上げましょう。別れをを切り出したけれども、男から引き留められて迷っている35歳女性の相談です。「悲しみで精神に異常きたすのではないかと不安にかられ」と言うくらいなのですから、初志貫徹、断固として別れてしまえばいいと思うのですが、引き留められてグラグラするというのは、まだ相手の男への思いが強いのでしょうね。

相性がピッタンコの男女は理屈ではどうにもならないんだよ

シマジ  頭では別れたほうがいいと分かっていてもそれができない。つまり肉体が精神を凌駕してしまっているんだ。これだよ、これ(と言って細身の美しい万年筆を取り出す)。ダンヒルの40年くらい前の万年筆なんだが、キャップを外して胴軸のほうにはめてみなさい。

ミツハシ (万年筆を受け取り、キャップを胴軸にはめていく。キャップ内の空気が圧縮され、はめ込む力を押し戻すような軽い抵抗があり、最後に胴軸を深く飲み込んだキャップはカチッという小さな音を立てて、両者は完全に結合する)おおっ、なんですか、この気持ちの良さ。万年筆のキャップを軸にはめただけなのに、両手に何ともいえない心地よい感触が残っています。

シマジ  すごいだろ。最高のクラフトマンシップというのはここまでの愉楽を使う者にもたらすんだ。キャップの穴と軸の形をミクロン単位で合致させないとこうはいかない。どうしても離れられない男女というのは、この万年筆のキャップと胴軸のようなものなんだ。

ミツハシ やはり話はそこに行くんですね。

シマジ  もちろんだ。俺はこの万年筆のキャップを軸にはめるたびに、男女の結合のことを思わずにいられない。たぶん、この万年筆を作った凄腕の職人も、最高のセックスを頭に思い浮かべながら、そして、使う人間も同じことを感じるようにと願いつつ精魂を込めたんだと思うね。でなければ、こんなに淫らな感触が手に残るはずがない。

 こういう体の相性がピッタンコの男女は、理屈ではどうにもならないんだよ。どちらかが病気を患うか何かして、セックスができくなったりすれば話は別だがな。逆に言えば、理性を凌駕するような肉体的快楽を貪れるというのは、健康な体があってこそだ。相談者は元気で健康な肉体に感謝することだな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー