トップ > 梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」 > 梶原しげる:【295】最近流行りの北関東風尻上がり音調「梶原ってひねくれてねくね?」への正しい答え方

梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」ビジネス

梶原しげる:【295】最近流行りの北関東風尻上がり音調「梶原ってひねくれてねくね?」への正しい答え方(6/6ページ)

2014.04.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肯定されることのみを期待するセンテンス

 「反論を前提にしないコミュニケーション」としての「とびはね音調」「しり上がりイントネーション」が若者にとって使い勝手がいいのはここがポイント。

 言われた側も素直に同意を尻上がり調で伝えるのがマナーだ。

「マジ!むっちゃ高くなくね?」

 「とびはねイントネーション」は「肯定されることのみを期待するセンテンス」と考えたらどうだろう。「あるある!」「いるいる!」の乗りだ。

 「素朴っぽい」口調に見えて実はとんでもなく「押付けがましい感じ」が私にはなじめない。

 「梶原ってひねくれてねくね?」と言う人には、「つーか、頭悪くね」と答えるのが正しい作法、なのだ。

 なお、繰り返すが本稿は田中さんの論文にヒントを得た妄想だ。

 正しく学問的な事実を知りたい方は原文に当たってほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの意見を表明してみませんか? ログイン or 会員登録 でコメント投稿ができます。

コメント投稿に関するご注意
日経BP社は、読者の皆様からの投稿の内容につきまして、その信頼性、適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合も、日経BP社は一切、責任を負いませんので、皆様の自己責任においてご利用ください。
トラブルを避けるためにも、ご自身を特定できる情報を書き込まれないことを強く推奨いたします。
投稿していただいたコメントは、編集部が査読した上で公開します。即時公開はされません。また、明らかな間違いや不適切な表現があった場合、原文の意図を損なわないと思われる範囲内で変更をさせていただく場合があります。内容がふさわしくないと判断した場合、公開後でも削除する場合があります。
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー