トップ > 青島健太 “オヤジ目線”の社会学 > 青島健太:柿谷選手が自費で全面広告、「ありがとう、徳島。」の価値

青島健太 “オヤジ目線”の社会学ビジネス

青島健太:柿谷選手が自費で全面広告、「ありがとう、徳島。」の価値(1/4ページ)

2014.03.24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 徳島新聞3月8日付朝刊に、全面広告を使ったある感謝のメッセージが掲載された。

 翌日、それを報じたスポーツ紙の記事は小さなものだったが、その感謝のメッセージには忘れてはいけない「大切な何か」があるような気がした。

「徳島のみなさんが応援してくれたからサッカーを続けられた」

 掲載された全面広告はこんな内容だった。

「ありがとう、徳島。」という大きな文字が上段にレイアウトされ、その下には半袖のポロシャツを着て腕を組んだ若者のイラストが描かれている。

 金髪をツンツン立たせたその人物は、サッカー日本代表の柿谷曜一朗選手(セレッソ大阪)だった。

 イラストの左に徳島への感謝のメッセージとサインが書かれたその全面広告は、柿谷選手が自費で掲載したという。

 こんな言葉が添えられていた。

「徳島のみなさんが応援してくれていたから、僕はサッカーを続けていられたし、サッカーを楽しいと思えました。(中略)みなさんへの感謝はプレーで伝えます」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー