トップ > 「腰が痛い」ときの対処法~この方法で痛み解消 > 腰が痛い:第3回 「腰が痛い」ときの自己診断~あなたの腰痛はどのタイプ? どうすれば治る?

「腰が痛い」ときの対処法~この方法で痛み解消医療

腰が痛い:第3回 「腰が痛い」ときの自己診断~あなたの腰痛はどのタイプ? どうすれば治る?(5/12ページ)

様々な腰痛の症状と原因を知り、治療法を理解したい

2014.03.18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腰椎椎間板ヘルニア~椎間板の一部が飛びだし神経を圧迫

どんな病気
 ヘルニアという言葉は、臓器などの一部が飛び出す現象のことをいう。椎間板ヘルニアは、椎間板の一部が飛びだして神経を圧迫したり、炎症を起こしたりすることで、痛みが生じる病気である。

 腰痛や臀部痛に加えて脚にしびれや痛みが起こったり、力が入りにくくなるなどの神経症状を伴う。痛みのために腰は横に曲がった状態のまま、屈むことや靴下を自分で履くことが困難となる。座るより立ったままの方が楽であり、無理な姿勢を続けると臀部や下肢の痛みやしびれが強くなる特徴がある。

 レントゲンにはヘルニアは映らないので、MRIを行い椎間板の突出が神経を圧迫していることが分かれば診断がつく。ただし、MRI検査の結果で椎間板ヘルニアがあっても、症状が見られないこともあり、その場合は治療の対象にならないので放置して良い。

治療法
 人体には椎間板ヘルニアを自然治癒するしくみが備わっている。自己免疫作用により神経を圧迫している椎間板ヘルニアをマクロファージが働いて小さくしてくれることになっているが、この働きは個人差があり一様ではないといわれる。

 治療としては消炎鎮痛薬の服用やコルセットの装着などで痛みを抑えながら、無理を避けた生活をして自然治癒を期待する。寝るときは横向きで痛む方の脚を上にして膝を軽く曲げ、抱き枕を抱くようにすると痛みの少ない姿勢を保持しやすい。

 最近は治療薬として抗けいれん薬(リリカ)や弱いオピオイド(トラムセット)も使用できるようになっており、痛みの強い場合には我慢せずに医師に相談する方が良い。薬が効かない痛みや脚の力が入らないなどの神経麻痺があれば整形外科専門医を受診することが勧められる。足が垂れてスリッパが勝手にぬげたり、つま先立ちが出来ないほどの麻痺が出たり、尿が貯まっているにもかかわらず排尿できない尿閉が現れた場合は緊急手術が必要となる場合があるので、早急に整形外科専門医を受診する必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー