非特異的腰痛~原因がはっきりしない腰痛

どんな病気
 非特異的腰痛とは病名ではなく、原因がはっきりしない腰痛全般のことを指す。実は腰痛全体の85%は、この非特異的腰痛だ。

 原因がはっきりしないといってもまったく原因不明というわけではない。レントゲンやMRIを使っても、腰痛の原因を特定できないものを示している。結果的に治療法が同じであれば検査に必要以上な時間と費用をかけるより、ひとまとめに考えて治療を開始したほうが患者にとってメリットが大きいということだ。

治療法
 痛みが強い場合には消炎鎮痛薬の内服や外用(湿布、塗り薬)を行う。

 以前は安静を保つことが勧められたが、現在では、できるだけ日常生活の活動性を維持することが勧められている。慢性的な腰痛ではストレッチと筋力増強を組み合わせた運動療法を行うことが大切だ。

 心理的・社会的ストレスが原因であれば抗うつ薬や抗不安薬が腰痛の改善に有効な場合がある。整形外科的治療に止めずに心療内科によるカウンセリングを受けたり、ときには理学療法士や心理療法士を含めた連携的治療としての認知行動療法を受けることで改善が得られる場合もある。