トップ > 梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」 > 梶原しげる:【290】離れ離れの村民を分断しない!全村避難の飯舘村村長が語る「真手」に込めた復興への思い

梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」ビジネス

梶原しげる:【290】離れ離れの村民を分断しない!全村避難の飯舘村村長が語る「真手」に込めた復興への思い(2/7ページ)

2014.03.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

除染して帰村可能な地区から順番に帰村させたい

 放射能被害が明らかになり全村避難となった当初から「除染して帰村可能な地区から順番に帰村させたい」と言っていた飯舘村の菅野村長に厳しい声が集まった。

「出来もしない事を言って無責任!」「住民を、放射能にさらしてどこまで絶えられるか、モルモットにする気か?」「東電の回し者か!」「人殺し!!」

 非難の声にさらされている状況を前回の取材で知った。当時ほどではないが今も時々そういう声が聞こえてくるようだ。しかし住民は菅野村長を再選させた。

菅野「私がもし、放射能のリスクをだけを訴え、いち早く村を離れることだけを言っておけばあの当時、あそこまで反発を受けることはなかったかもしれない。結果的にはその後理解してくれる人も増えてきたのですが、あの当時はきつかった!」

「ある方がおっしゃっていましたが、21世紀の日本は成熟した社会になる。成熟した時代はバランスを大事にする。即ち少数の意見を尊重し、多様な考え方を許容する社会の到来だとの発想に共感し、発災前から私はずっとそういう村作りを目指していました。だが現実はとても厳しかった」

梶原「具体的には発災前、どんな村作りを目指したんですか?」

菅野「固定観念に凝り固まらない柔軟なバランスのとれた村作り。個の尊重ですね。ですから平成の市町村大合併が強引に推し進められたとき。私はこれが村にとっていい事かどうかとことん考え、村民と話し合い、結局飯舘村は残りました。<いろいろあってそれでいい>というバランス感覚が働いて結果的に合併を免れたのは良かったと思っています」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー