トップ > 「頭が痛い」ときの自己診断~その痛み、放っておいても大丈夫か? > 第5回 薬物乱用頭痛とは~頭痛薬に頼りすぎてはダメ

「頭が痛い」ときの自己診断~その痛み、放っておいても大丈夫か?医療

第5回 薬物乱用頭痛とは~頭痛薬に頼りすぎてはダメ(5/5ページ)

2014.03.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
薬物乱用頭痛を防ぐために
1.頭痛薬に頼りすぎないようにしましょう
2.頭痛薬は頭痛予防として飲まないようにしましょう
3.頭痛ダイアリーをつける習慣を持ちましょう
4.頭痛薬の飲用は連続10日以内におさえましょう
5.頭痛専門医を受診し、自分の頭痛を把握し担当医と一緒になって治療をしましょう

 頭痛は身近な症状であり、1カ月に2~3回ならば市販の鎮痛薬などセルフメディケーションで対応できる。しかし、月に頻回頭痛が起こったり、仕事に支障を来たすようであれば、頭痛の専門医に相談することが重要だ。

日本頭痛学会ホームページ
http://www.jhsnet.org/index.html
一般社団法人日本頭痛学会のホームページで、患者向けの情報も発信している。

吉井信哉氏
吉井クリニック(東京都目黒区)副院長
東邦大学医療センター大橋病院脳神経外科研究員
平成7年埼玉医科大学を卒業後、東邦大学医療センター大橋病院脳神経外科入局。横浜総合病院脳神経外科を経て吉井クリニックにて頭痛外来担当。横浜総合病院脳神経外科非常勤医師などを兼務する。
吉井クリニックのホームページ:http://www.yoshii-clinic.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー