「模倣は絶対許さない! 今までの辞書では駄目なんだ!!」

 二人の辞書作りの超人に共通していたのは「辞書はどれを読んでも同じようなもの」との「世間の常識」への反発だった。

 『辞書になった男』によれば二人が新しい辞書を作る原動力となったのは、各社の電化製品などを徹底的に比較することで有名な「暮しの手帖」だった。この雑誌が、ある時、国語辞典の比較を行ない、こう断じたのだ。

 「どの出版社の辞書も語釈がほぼ同じ。互いにパクリあって安直に作っている」

 この指摘は、両先生、特に山田先生を発奮させた。

 先生はその時代、辞書界に蔓延していた「盗用体質」を憎み、「言い換え」「堂々巡り」を打ち破る理想の辞書を自身の手で作り上げたかったそうだ。

 「模倣は絶対許さない! 今までの辞書では駄目なんだ!!」

 山田先生のいらだつこの言葉を目の前で聴き、山田先生亡き後今に至るまで「新明解」の編纂を任された方が、実は「日本語検定審議委員会」で私もしばしばご一緒し談笑を交わしあっている倉持保男さんだと、この本で初めて知った!

 「なんてこった….先日お会いした時、直接話を伺っておけば良かった…」

 というわけで本書は『辞書になった男』からの引用が激しいがお許しいただきたい。