つらい腰痛があるのに、湿布薬やマッサージでごまかしていないだろうか。「むかし、整形外科に行っても、あまり変わらなかったし」という人も、ぜひこの記事を読んでほしい。
 ここ10年で腰痛治療は、大きく変わった。視点を変えて新しい治療法を試せば、がんこな腰痛が劇的によくなるかもしれない。腰痛治療の第一人者で『腰痛診療ガイドライン2012』の策定にも加わった日本医科大学病院教授・多摩永山病院整形外科部長の宮本雅史氏の話を基に、最新の腰痛治療についてまとめた。

構成:梅方久仁子
写真:中野和志

お医者さんの虎の巻で明かされた3つのポイント

 腰痛治療の何が変わったのかを紹介する前に、『腰痛診療ガイドライン』について少し説明しておこう。

 医学の進歩はめざましい。年々新しい医学情報が発表され、たとえ医師でも、すべてを把握するのは不可能な状態だ。そこで、さまざまな分野で専門家が集まって"診療ガイドライン"が作成されている。最新の臨床研究を基にした診断法や治療法をまとめたもので、いわば、お医者さんの虎の巻だ。

宮本雅史氏
日本医科大学病院教授、多摩永山病院整形外科部長
専門は、脊椎脊髄病及び腰痛疾患の診断と治療。『腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン』『腰痛診療ガイドライン』の策定に委員として参加

 腰痛についても、日本整形外科学会と日本腰痛学会の監修により、最新の研究報告をまとめた『腰痛診療ガイドライン2012』が策定された。このガイドラインには、最先端の腰痛治療の粋が詰め込まれていると言ってよい。その中に、これまでの一般常識を覆すような内容があって、話題を呼んでいる。

 「ここ10年で腰痛治療は大きく変わりました」と宮本氏は言う。「いま受診していただければ、これまで治らなかった慢性腰痛でも、これまで思いもかけなかった治療法で、よくなるかもしれません。ある意味受診をお薦めできる時期です」

 『腰痛診療ガイドライン2012』に反映された最新治療のポイントは3つある。1つは、「心因性の腰痛」。2つめは、「安静の効果と運動療法」。3つめは、「薬剤治療の多様化」だ。それぞれについて、詳しく説明しよう。