トップ > 梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」 > 梶原しげる:【278】忘年会シーズンに突然の「心不全」!機械のAEDが命を救う人より丁寧な「音声ガイド」に感銘!

梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」ビジネス

梶原しげる:【278】忘年会シーズンに突然の「心不全」!機械のAEDが命を救う人より丁寧な「音声ガイド」に感銘!(1/7ページ)

2013.12.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

師走は「心筋梗塞」や「心不全」にご用心

 師走到来。例年よりチョッピリ多めのボーナスに、忘年会やXmasが例年以上に盛り上がり、繁華街も久々の活況を呈していると、タクシーの運転手さんがうれしそうに言っていた。「へえ?」というかんじだったが……。

 好景気に浮かれた皆様に水を差すようで恐縮だが、この季節、中高年はもとより、「屈強な若者」でさえ「心筋梗塞」や「心不全」にご用心だそうだ。

 とりわけ今年はかつてない寒冷前線の発達による寒さで血管は収縮、血圧は急上昇。多量の飲酒やおいしいお料理からの塩分摂取の増加により血栓もできやすく、「心筋梗塞」や「心不全」が起きるお膳立てが整っているのだと、知り合いの医師は言っていた。

 「さあ、2次会行くか!」と外へ出た瞬間、膝から崩れ落ちる仲間。

 「おいおい、飲み過ぎじゃネーのか?」と近づいてみると呼吸がない!

 「わー!だいじょうぶ?!」と声をかけても無反応。

 大丈夫なはずがない。心臓が止まっているのだから。

 こういう悪夢を目の当たりにする可能性がなくはない。

 ここで彼を、彼女を死の淵から救い出してくれるのが、最近、街中でしばしば目にするあの「AED(自動体外式除細動器)」という救命道具だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー