トップ > 「頭が痛い」ときの自己診断~その痛み、放っておいても大丈夫か? > 第3回 緊張型頭痛には頭痛体操が有効、オンとオフを切り替え上手にリラックス

「頭が痛い」ときの自己診断~その痛み、放っておいても大丈夫か?医療

第3回 緊張型頭痛には頭痛体操が有効、オンとオフを切り替え上手にリラックス(1/5ページ)

2013.11.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 頭痛外来で診察している吉井クリニックの医師、吉井信哉氏のアドバイスを元に、最新の頭痛治療についてコンパクトにまとめたシリーズの第3回。頭痛外来などへ受診する際の参考になれば幸いだ(第1回第2回)。

構成:荒川直樹

 同じ姿勢で長時間仕事をしたり、慣れない仕事やストレスのかかる仕事をしていると、吐き気はないが、頭が鉢巻で締め付けられるような頭痛がダラダラと続くことがある。そのような場合は「緊張型頭痛」が疑われる。

タイプ別頭痛チェックシート
[画像のクリックで拡大表示]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー