トップ > 「頭が痛い」ときの自己診断~その痛み、放っておいても大丈夫か? > 第1回 頭痛外来へようこそ 変わりつつある頭痛治療

「頭が痛い」ときの自己診断~その痛み、放っておいても大丈夫か?医療

第1回 頭痛外来へようこそ 変わりつつある頭痛治療(4/4ページ)

頭痛治療の最新知識

2013.10.29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

問診と頭痛ダイアリーで慢性頭痛を見極める

頭痛ダイアリー
[画像のクリックで拡大表示]

 画像診断などによって二次性頭痛の可能性がない場合、医師は患者の慢性頭痛の正体を探ることになる。吉井氏は、「このとき大切なのが問診。どのような時に、頭痛がどの程度続くのか、頭痛以外の症状はあるのかなど、患者の話を細かく聞き判断する作業となります」と話す。専門医は、このほか仕事や日常生活の様子、うつ病などの症状がないか、家族に頭痛持ちはいるか(遺伝的な要因)など総合的に判断し、頭痛の正体を見極めていく。

 日本頭痛学会では、頭痛の状態を見極めるため、患者に「頭痛ダイアリー」を付けることを勧めている。日ごとに頭痛が起きた時間と痛みの程度を記入するとともに、日常生活にどのような影響があったか、吐き気など他の症状の有無、頭痛治療薬、鎮痛剤の効果の有無などを記録していく。専門医はこうしたデータを元に、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛など、頭痛の正体を見極めていくことになる。

 次回以降は、頭痛をもたらす病気ごとの最新治療について紹介していく。

日本頭痛学会ホームページ
http://www.jhsnet.org/index.html
一般社団法人日本頭痛学会のホームページで、患者向けの情報も発信している。

吉井信哉氏
吉井クリニック(東京都目黒区)副院長
東邦大学医療センター大橋病院脳神経外科研究員
平成7年埼玉医科大学を卒業後、東邦大学医療センター大橋病院脳神経外科入局。横浜総合病院脳神経外科を経て吉井クリニックにて頭痛外来担当。横浜総合病院脳神経外科非常勤医師などを兼務する。
吉井クリニックのホームページ:http://www.yoshii-clinic.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー