トップ > 上司の言い分vs部下の言い分 > 上司VS部下:第19回 相性の合わない上司・部下はどうしたらよいのか?

上司の言い分vs部下の言い分ビジネス

上司VS部下:第19回 相性の合わない上司・部下はどうしたらよいのか?(1/5ページ)

2013.06.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 上司は、相性の合わない部下を持つことがよくあります。一方、部下も相性の合わない上司に仕えることがあります。たいていの場合、相性の悪さは、お互いが認識しており、それは仕事に影響します。

 上司と部下の相性は、人のタイプから生まれます。人にはタイプがあり、各々ツボが異なります。

 部下指導のセオリー、ボスマネジメントのセオリーにしても、相手によってはうまくいきません。これもそれぞれのタイプに原因がある場合が多いもの。特にコミュニケーション系のセオリーは、相手のタイプにあわせてチューニングする必要があります。

 今回は、上司と部下の相性をタイプの違いに注目して考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー