トップ > 1週間を楽しくするビジネスパーソンのメントレ講座 > メントレ講座:第26回 通勤時間や仕事の合間に心を整える方法

1週間を楽しくするビジネスパーソンのメントレ講座ビジネス

メントレ講座:第26回 通勤時間や仕事の合間に心を整える方法(1/2ページ)

2013.05.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心を整える!

 ゴールデンウィークも終わり、世間では五月病の人もでてくる頃です。そんなときに、自分なりの心を整える方法を確立しておくと、毎日をいい状態を維持しながら仕事をすることができます。

 サッカーで日本代表のキャプテンを務めた長谷部誠選手の書いた『心を整える』という本はベストセラーになりましたが、スポーツでもビジネスでも一流と言われる人たちは、自分なりの心を整える方法を持っています。長谷部選手は夜の時間を使ってリラックスしながら自分の心と体の状態を整えているそうですが、今回は朝の通勤時間や仕事の合間にもできる心を整える方法を紹介します。

【心を整えるよかったことリスト】

(1)そのときに思いつく小さな良かったことをどんどん挙げていくのです。書き出せる環境があれば手帳やメモ帳などに書き出すのもお勧めですが、頭の中でどんどん挙げていくだけでも効果があります。例えば、「朝、ちょうどいい時間に目覚めることができた」「気持ちのいい布団の中でぐっすり眠ることができた」「顔を洗ったらシャキッとして気持ちがよかった」「朝ご飯がおいしく食べられた」「お気に入りのグッズを身につけている」「信号がちょうどよく切り替わった」「駐車場や駐輪場がちょうど空いた」などです。

(2)書き出した人は書き出した内容に再度目を通しながら、声を出して読んでみるか心の中で読み返し、一つひとつに対して「ありがとう」を3回唱えます。「今日は、電車で座ることができました。ありがとう。ありがとう。ありがとう」というような感じです。そうすることによって、感謝の念をより深く感じることができます。書き出さずに頭の中で挙げていっている場合は、その都度ありがとうを3回ずつ唱えていきます。

 小さなことでもよかったことに意識の焦点がフォーカスされると、気分がよくなります。「ありがとう」というと感謝の状態に切り替わります。人は感謝しながら、腹を立てたり憂鬱なることはできませんので、自然と心の状態も整うわけです。日本を代表するスポーツ選手たちも、感謝の状態が一番よいパフォーマンスを生み出すことを学んでいるので、世界で戦うときには、それぞれの方法で感謝の状態に切り替わるメンタルトレーニングを実践している人もいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー