トップ > 1週間を楽しくするビジネスパーソンのメントレ講座 > メントレ講座:第24回 今している仕事をもっと好きになる方法!

1週間を楽しくするビジネスパーソンのメントレ講座ビジネス

メントレ講座:第24回 今している仕事をもっと好きになる方法!(1/2ページ)

2013.04.15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

与えられた業務と自分の価値観のリストを作る

 新年度になって、仕事の内容が変わった方もいらっしゃれば、するべき仕事が増えた方もいらっしゃると思います。自分に与えられた仕事が、必ずしも自分がやりたい仕事ではないということは多いのではないでしょうか?イヤイヤ仕事に取り組むと、気分も滅入るし仕事もはかどりません。そんなときは、ジョン・F・ディマティーニ博士が考案しているこの方法を活用すると、嫌だと思っていた仕事も楽しくできますよ。

【している仕事を好きになる方法】
1.自分にとって価値の優先順位が高いものを挙げていきます。例えば、将来はこんな仕事をしてみたいとか、心から成し遂げてみたいと思っていること、好きなこと、夢中になれることなどを書き出していきます。書き出したリストを見ながら、自分にとって何が大切なのかを考え、優先順位をつけてください
2.現在の仕事で任されているすべての業務を書きだしてください
3.価値観の優先順位トップ3を、業務リストの横に書いてください
4.業務がトップ3の価値観を満たすと思うことを、1つの業務につき、10以上を
書いてください

 ディマティーニの著書ではこんなエピソードが紹介されています。

ディマティーニは、工場で肉体労働の仕事を嫌がっている若者と話をしました。若者はミュージシャンになりたかったので、工場の仕事には何の生きがいも見いだせず、イヤイヤ働いていたのです。

 ミュージシャンになってコンサートを開くためには体力が必要ではないかとディマティーニは若者に質問します。この質問でミュージシャンになるために体力が必要であることに気づいた若者に、工場の肉体労働を頑張ることは、将来ミュージシャンになったときのためのトレーニングになるのではないかと話をしていきます。すると、若者は自分の体力トレーニングのために工場で働くのは悪くないと思いはじめます。

 次に、若者が工場で頑張っている姿を見たら、君を応援したくなる人が出てくるのではないかと話します。そして、君を雇っているオーナーは、人脈があるのでミュージシャンを育てたり発掘したりする人にも知り合いがいるかもしれないと伝えるのです。すると、自分の頑張りを認めてもらえれば、ミュージシャンになるという夢にもつながる可能性に気がついて、若者は一生懸命に働くようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連トピックス

    • 会員登録 ログイン
    • マイフォローとは?
    nikkei BPnet 会員サービス
    トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

    ランキング一覧を見る

    おすすめ情報【PR】

    締切間近のセミナー