トップ > とにかく楽しい大西仁美流「スポトレ」で、腰痛・メタボ、全部解消! > 自宅で簡単にできる お腹周り集中型のサーキットトレーニング

とにかく楽しい大西仁美流「スポトレ」で、腰痛・メタボ、全部解消!ライフ

自宅で簡単にできる お腹周り集中型のサーキットトレーニング(1/4ページ)

2014.08.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さて、今回はサーキットトレーニングをご紹介します。サーキットトレーニングと言う言葉をご存知の方は、とってもハードな運動だとイメージされる方が多いのではないかと思います。

 サーキットトレーニングとは何種類かの運動を(だいたいは6種類から12種類ぐらいのものが多い)順番に行い、全ての種目が終わるとまた再び最初の種目に戻ってトレーニングするものです。

 サーキットトレーニングの特徴は、ウエイトトレーニングと違って1つの運動と運動との間に休憩を取らずに、全ての種目が終わった時点で適度な休憩を取るという点です。

 サーキットトレーニングも目的や用途によってトレーニングの内容ややり方が異なってきます。ですが、効果としては持続して身体を動かすため有酸素運動と筋力トレーニングを同時に行えると言う点に関しては、共通していると言えると思います。

 今回私がご紹介するサーキットトレーニングは身体能力が高くないと出来ないものではなく、50歳を過ぎて初めて挑戦される方でも出来るようなサーキットトレーニングです。また、トレーニングイベントに参加していただいた方にトレーニングの一部を思い出して頂けるように、イベントでご紹介したトレーニングを取り入れました。

 今回はお腹周りが気になる皆様に、自宅で簡単に出来るお腹周り集中型サーキットトレーニングをご紹介させていただきます。

 1周のトレーニングは、約4分で出来てしまいます。出来れば3周やっていただければと思いますが、初めての方はご自分の体調に合わせて行っていただければと思います。

 このサーキットトレーニングはそれほど激しいものではないので、1周が終わったら2分ほど休憩してもらって再度1からトレーニングを始めていただくという感じでトレーニングしていただければと思います。全て30秒ずつ行ってください。

 では、皆さんも一緒にやってみましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー