トップ > 齋藤孝「3分間で仕事とカラダを変える話」 > 齋藤孝:ビジネスは「祭り」だ! そんな企業文化を根づかせよう

齋藤孝「3分間で仕事とカラダを変える話」ビジネス

齋藤孝:ビジネスは「祭り」だ! そんな企業文化を根づかせよう(1/5ページ)

第45回 「ビジネス身体スイッチ」の入れ方(4)

2012.06.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 私が教鞭をとる明治大学には、「前へ」という標語がある。ラグビー部の名監督・北島忠治さんの教えが、いつの間にか全学に波及したのである。その浸透ぶりは凄まじく、研究棟の男性用トイレにすら「前へ」というステッカーが貼られているほどだ。ふつうなら「もう一歩前へお進みください」などと書かれているところだが、明治の関係者なら、この一言で足りるのである。

 もともと北島さんはラグビー部ではなく、相撲部の出身だった。だから「前へ」なのだが、その一直線な指導のおかげで明治は大学ラグビー界の雄となり、早稲田・慶應などのライバル校と幾度となく名勝負を繰り広げてきた。近年はやや低迷しているが、いつか復活してくれることを期待したい。

 それはともかく、「前へ」とは実にいい言葉だ。迷っているぐらいなら一歩前に出ろ、何ごとも勇気を持ってチャレンジしろ、といった意味に解釈できる。在校生のみならずOBにとっても、人生の節々で心の支えになってくれるに違いない。これが明治大学のミーム(文化的遺伝子)というものである。

注)このコラムは2007年12月から2008年11月まで連載した「齋藤孝の『3分間』アカデミー」を再編集して掲載したものです。初出は2008年11月21日です。記事の内容は、執筆時点の情報に基づいています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 会員登録 ログイン
  • マイフォローとは?
nikkei BPnet 会員サービス
トピックを選ぶ!フォローする 自分のメディアを組み立てる! マイフォロー

ランキング一覧を見る

おすすめ情報【PR】

締切間近のセミナー